【YouTube】倍速で見ることのすすめ【インプット2倍】

DTM

こんにちは、のくと申します。

 

突然ですが、最近YouTubeでは様々な教育系YouTuberの方であったり、いわゆる成功者の方が多くのためになる動画をアップしています。

 

私がよく見るのは、中田敦彦さんのYouTube大学や筋トレ系の解説動画、あとはマコなり社長さんをはじめとするキャリア系の動画やDTM全般のチュートリアル動画です。

 

しかし、いくらためになる動画といっても、その膨大な情報量に圧倒され結局だらだら見てしまうようでは意味がないと思い、YouTubeとの付き合い方を改めて考えることにしました。

 

先に結論を話すと、YouTubeをだらだら見るのではなく、倍速で見て残った時間をアウトプットや別の行動に使おうということです。

 

ここまでに至った経緯について簡単にお話ししたいと思います。

 

YouTubeで様々な情報にアクセスできるようになった

最近の情報社会においてもはや常識とまで言われているのは、「情報は発信するところに集まってくる」というものです。

 

YouTubeでいえば、趣味でコスメの紹介や比較動画をあげている人のところに実際に化粧品の会社から商品紹介のオファーが来たり、教育系の動画を発信していたら他の教育系のYouTuberとコラボしたりなど。

 

その風潮もあってか、最近は本当に一般人としての一意見を述べる方から著名な方の思考まで様々な情報がアップされるようになりました。

 

そして、その中には多くのためになる動画、何かに役立つ動画が含まれています。

自分と同じような境遇の人がYouTubeに動画をあげていたりすると、かなり共感できますし、いわゆる成功者の動画からは多くの気づきを得ることができます。

 

 YouTubeも一歩間違えれば時間の浪費に

そこまでは良いのですが、やはりYouTubeもSNSの一種です。

 

リアルタイムで動画は更新され、多くのサムネイルは視聴者を引き寄せるべく魅力的なものになっています。

さらに、一つの動画を開くとその下にはオススメ動画として何本もの動画を提案してきます。機械学習の成果なのかこのオススメ動画もかなり自分に合っているのでつい探していた動画以外のものにアクセスしてしまったりします。

 

YouTubeに動画をあげる人のほとんどはそんな悪意などないのでしょうが、やはりすっと見続けてしまうのは良くありません。

 

しかし私は必要な情報だと思うものは普通のブラウザ検索以外にYouTubeも活用するので、大切なインプットの場として使っていきたいと思っています。

 

 【対策】YouTubeは倍速で見て長時間浸らない

インプットの場として使いたい、けれど長時間YouTubeをだらだら見てはいけない。

 

そんな課題の解決策は、動画を倍速で見ることだと思います。

 

多くの教育系、啓発系の動画は視聴者にしっかりと理解してもらうために比較的ゆっくりと話しているので、倍速で見てもしっかり聞き取ることができます

 

そして、倍速で見ることで元の動画の時間の半分の時間で見ることができるので、YouTubeを利用する時間を半分で切り上げることができます。

 

オススメ動画につられてしまうということの対策は具体的にはできていませんが、現状はおすすめ欄を見ないという意識を持つことにとどまっています。

何か具体的な対策が立てられたら共有したいと思います。

 

時間を割くべきはインプットではなくアウトプット

YouTubeは確かに様々な情報にアクセスできます。

 

しかし、YouTubeでインプットするだけでは不十分です。

なぜならアウトプットを経て初めてそれが骨身になっていくからです。

 

「アウトプット大全」によれば、インプットとアウトプットの黄金比率は3:7であるとし、YouTubeでインプットばかりしている私にとっては特に意識を持って変えていかなければならない部分です。

 

例えば学んだことを紙に自分で起こしてみたり、DTMについては得た情報をまずは写経するように自分のDAWで再現してみたり、筋トレも実際にそこで得た情報を反映させてみたりと、方法は多岐に渡りますが、アウトプットを増やしていくことはとても大切なことです。

 

YouTubeを倍速で見て、さらには他の動画などに脱線しないことで浮かせられた時間を、アウトプットに費やすことで、今の何倍も得た情報を生かし身に付けることができると思います。

 

YouTubeは倍速で見る。ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント