ライティング初心者にクラウドソーシングは向かない?

こんんちは、のくと申します。

 

最近、私の副業の一つとして、Webライティングを始めました。しかし、まったく筆が進まず、最終的にその仕事を辞退するまでに至ったので、反省会をここに残したいと考えました。

 

私のような、ブログもWebライティングも初心者でよくわからないと思っている方は一読の価値があると思います。

ライティング実績を何も書けないプロフィール

クラウドソーシングサイトではたいてい、自己紹介の中で「過去の実績や作品を挙げてみよう!」という欄があると思います。

 

私は完全初心者のため、何も実績がありませんでした。なので「これから経験を積んで伸び代を増やしていきます」などと書くしかありませんでした。

 

ライティング初心者にも依頼はくる

自己PRに何も書けなくとも、個人情報をいくつか登録するだけで、依頼は鬼のようにやってきます。

 

大抵の依頼主から「初心者、フリーター、主婦、大歓迎です!」みたいな文言が書かれているので、自分でもできるんじゃないかと思ってしまっても仕方がありません。

 

かくいう自分もその文言につられて依頼を承諾してしまった口です。

 

めちゃめちゃマニュアルが丁寧

初心者でもできるようなWebライティングの仕事って何があるのでしょうか。そのな不安を拭えぬまま、さっそくマニュアルをいただいて、1件目の記事を書くことになりました。

 

書く前に、書き方や納品の仕方をマニュアルにして見せてくれると思います。それが大抵とても丁寧です。流して読むだけで、1つの記事が書けてしまったのではないかと錯覚するくらいです。

 

なので、安心して記事を書き始めることができます。

 

SEOど素人には制限が多すぎると感じやすい

さて、記事を書いてみるわけですが、私にはとても難しいと感じる点が2つありました。

 

自分の興味のない分野の記事を書かないといけない

依頼されているわけなので、自分の思ったように書くわけにはいきません。依頼主が指定した分野、キーワードを用いて記事を書く必要があります。

 

それが自分の興味と重なることがほとんどありません。トレンド性のあるものが記事にされやすいので、基本的に追加情報を調べながら記事を書くというスタイルになるのですが、これがとても大変です。

 

キーワードを組みこむのが難しい

内部SEO対策のためか、記事内に最低限キーワードを◯回入れましょうなどの指示があることも多いです。

これがまた難しい。文脈上なかなか入れられない語もあったり、そのキーワードを入れたいあまり不思議な文章を作り上げてしまうこともしばしばです。

 

ライティング初心者はブログを書こう

Webライティングの代わりに何をすれば良いのでしょうか。私の考えとしては、それがブログです。

ブログは全く縛りなく書くことができます。たとえ質がそこまで高くなくても発信することができます。

 

初心者はまずは発信することになれることから始めるべきだろうと考えます。

自転車に乗れない人は補助輪をつけたり親に押してもらったり、自転車とはいえないような状態から練習を始めます。

ブログもきっと同じだと思います。

少しずつ、SEO対策やレイアウトの工夫に着手すれば良いと考えます。

 

なので、私はWebライティング活動を一度切り上げて、ブログを書くことに集中したいと思います。

みなさんも、まずはブログを書くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

おわりです。

コメント