【年間18000円が浮く】自前のWi-Fiルーターで通信代を節約!

のくの日記

こんにちは、のくと申します。

年末になり。自分の支出をチェックしていたのですが、これは削減できるし今すぐやるべきだと思った項目がありました。

 

それは、通信費です。

私はアパートのWi-Fiを自分の部屋に引く形で利用していますが、そのWi-Fiを使うにあたり、ルーターまでレンタルしていました。

このレンタル費が意外とバカになりません

 

今回は、wi-fiのルーターを自前のものと取り替える過程を振り返り、そのメリットについて深掘りしていきたいと思います。

 

Wi-Fiルーターをレンタルすると年に18000円も払っている計算に

まずは現状を把握します。

 

私は、softbank光の光回線を利用しています。アパートがそうなのでそうするしかありません。

 

Softbak光について毎月支払っている料金を確認すると、下の画像のようになっていました。

これらのうち、基本料金は基本料金なので固定費とみなすことができます。

しかし、wi-fiマルチパックやルーターのレンタル費用は、自前でルーターを用意すれば削減できる項目です。

 

ここで疑問になるのは、そもそも自前のものと交換すべきかどうかということです。

計算して見ると明らかですが、確実に自前で用意した方が安く済みます。

 

ルーターをレンタルしていく場合、ルーターのレンタル費用+wi-fiマルチパックの料金として、1507円(税込)を毎月支払っていく計算になります。

これを年単位に換算すると、12倍にして18084円です。

 

対して自前でwi-fiルーターを購入する場合を考えます。

Wi-fiルーターは普通のスペックのもので、相場として3000~10000円程度です。

私が今回購入したBUFFALOのWSR-1166DHPLは4000円程度で購入できました

 

つまり、この2つの値段を比較すると、3ヶ月以上その部屋でwi-fiを使うなら自前で用意した方が安く済むということです。

 

まだ2年生の私にとっては余裕で、自前で用意した方がコスパが良いことがわかります。

 

契約を解除して、新しい機器をつなぎました

というわけで早速交換していこうと思います。

 

自分で購入したルーターをつなぎます

まずは、自分で購入したルーターを接続させましょう。

 

先に契約を解除してしまっても良いのですが、万が一自前のルーターがうまく繋がらなくてwi-fiが使えなくなるのを防ぐためにも、先に正常につなげることが確認できてから契約を解除するのが良いと思います。

 

つなぎ方は製品ごとに微妙に異なりますが、私の場合は電源をつなぎモデムとLANケーブルでつなぐだけの簡単設計でした。

 

繋いだ後は端末側でwi-fiを設定し、パスワードを入力したりなんやかんやすれば使えるようになります。

Softbank 光のレンタルサービスを解約します

自前のwi-fiが繋げたら、次はレンタルのオプションを解除しましょう。

 

Softbank光の決済制度は月末締めなので、月をまたいで契約を解除したりすることがないように気をつける必要があります。

 

My softbankにログインして、目的のwi-fiマルチパックとユニットレンタルのオプションを解除します。

 

手続きを進めていくにあたり、注意すべきことは

  • そのレンタル機器はユニットそれ自体とその周辺機器をまとめて発送する必要がある
  • 手続きを終えてもその月の終わりまでは使うことができる

の二点だと思います。

 

 

切り替え前後の速度を調査しました

最後に、念の為ルーターの交換前後の速度を計測してみたいと思います。

 

どちらの場合でもfast.comというサイトを利用して計測しました。

レンタルのルーターの速度

自前のルーターでの速度はめちゃ早い

やはりルーターで速度は変わってくるのですね。

だいぶ数値が違います。

 

もちろん、自前で用意したルーターの方が早いです。

 

初期費用こそかかりますが、自分で用意した方がコスパが良いです

確かにwi-fiのルーターを自分で用意するのは、安くない買い物ですし交換の作業を自分でする場合意外に面倒になってしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、このルーターを取り替えたことで、

  • 年間で18000円を浮かせることができる
  • ずっと早いwi-fiを使える

と、いいことしかありません。

 

Wi-fiに限らずですが、削減できる固定費を削減しない手はありません。

浮いたお金は自己投資に回せればより楽しく充実した人生が過ごせる可能性が高まります。

 

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

今回はこの辺りで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント