【掃除機やめました】一人暮らしの掃除はクイックルワイパーで十分な件

ミニマル

こんにちは、のくと申します。

今回は、「定期的に掃除できる環境づくり」というミッションについて、私の回答が出せたのでそれをまとめていきたいと思います。

というのも、私はもうすぐ一人暮らしを始めて3ヶ月が経とうとしています。

住み始めはそもそもが綺麗だったのであまり掃除の必要性は高くありませんでしたが、3ヶ月も経つと少しずつ床や水回りに汚れが目立つようになってきました。

なので、私はここでちゃんと掃除について考えることにしました。

【目標】掃除は毎日決まった時間にやる

まず考えるべきは、目標のような軸を定めることです。

私は、一人暮らしであまり広くないワンルームに住んでいます。

それはつまり、掃除する範囲はそれほど広くないということです。

であるならば、私は毎日のように掃除をすることで一回の掃除の負担を軽減し、さらに習慣化することで掃除の意識を減らしていきそこでも負担を軽減させることで、より掃除へのハードルを下げようと考えました。

よって、私の目標は「毎日決まった時間帯に少しずつできる掃除をする」ことにしました。

【課題】もともとあった掃除機は大きいしうるさい

実は、家に掃除する道具はありました。

家を借りる際に同時についてきた掃除機です。

一応一人暮らしのサイズ感で、いわゆるスティック型と呼ばれるタイプです。コードレスではありませんが、かなり小回りの利くので、当初はそれを使っていました。

しかし、何回か使っていくと、その課題が浮き彫りになってきました。

1つは意外と大きいということです。

これはある種結果論になってしまうのですが、現在採用している掃除の方法に比べると、スティック型の掃除機もかなり大きいです。

大きいと、掃除を始めるまでのハードルが高くなってしまいます。それでは毎日掃除をするという目標を達成するのが難しいのは目に見えています。

もう1つは、うるさいということです。

一人暮らしを始めた当初の変に意識が高かった私は、掃除は朝にしてしまおう!と意気込んでいました。

その結果、私は朝の6時に掃除機をかけていました。

これの何が問題だったかというと、私の住んでいる家がアパートだったことに起因します。つまり、隣の部屋や下の階の部屋に掃除機の音が響いてしまっていたのです。

不幸中の幸いなのか、私の掃除機の音に迷惑しているということを回り回って私に教えてくれた友人がいたおかげでそれに気づくことができました。

以上の

  • 大きいのでやる気が削がれる
  • うるさいので周りの部屋の人に迷惑になってしまう

という点が、掃除機をやめようという結論に至った理由です。

【解決】クイックルワイパーが現時点で最強です

さて、私が掃除機に変わる掃除道具として選んだのは、「クイックルワイパー」です。

これは、先の課題を解決するアイテムでした。

【特徴1】小さくて軽い

クイックルワイパーは、家に届いた段階ではとても小さな箱に収まっています。これは、柄を4つに分解できることによります。

また、全て組み立てても十分に小さなサイズ感です。

小さくたたむのはそれぞれ一手間を必要とするので私は分解せずに使っています。たたむのもワンタッチでできるようになれば革命的な使い勝手を実現できると素人ながら思いました。

【特徴2】排気音がないのでとても静か

クイックルワイパーは、プラスチックの柄にゴミを吸着する使い捨てのシートを巻きつけるだけで完成します。

そのため、機械特有の排気音やモーター音、吸引する音など諸々の音が出ないため、とても静かに扱えます。

これは、一人暮らしのワンルームアパートでの掃除に関して言えばとても大きなポイントです。

たとえ、いつ何時掃除をしても周りの住人の迷惑になることはなかなか考えられないからです。

【掃除の習慣化へ】クイックルワイパーをこれからも使っていきます。

クイックルワイパーは、目標「掃除を毎日決まった時間にやる」ことを達成するために、掃除機に代わって登場した掃除アイテムです。

小型で小音なので、私は掃除を習慣化できる希望が見えています。

すでに、現在2週間ほど継続できているので、かなり良い調子だと感じています。

折れない習慣のために、私はもう1つ目標を絞っていきたいと思います。それは、「掃除は毎朝、朝食を食べた後に行う」とし、時間帯まで決めてしまうことです。

こうすればその日の間に先延ばしすることを未然に防ぎ、より強い習慣化を実現できると思います。

クイックルワイパー×習慣化でより綺麗な一人暮らしライフを実現します!(しましょう!)

最後までお読みいただきありがとうございました。終わります。

コメント