【朝型になるには】この二つを意識するだけで変わります【経験談】

ミニマル

こんにちは、のくと申します。

突然ですが、この記事を見ているあなたは、朝型習慣についてどうお考えでしょうか。

 

朝型になりたい!でもできない。もしそうならこれを意識してみてください

 

朝の時間が最も創造的と言われたり、多くの成功者は朝にほとんどの仕事を終わらせるという話も多く、朝型の習慣を持つことはとても有用なものらしいというのはおそらくご存知かと思います。

 

しかしそうはいってもなかなか朝型習慣に切り替えることができない。。

 

かくいう大学生の私も、日中は学校に通って夜はシフト制でアルバイトをするなど、なかなか夜型から抜け出すことができませんでした。

 

そんな私は“あること”を意識するようになってからは、以前よりもずっと朝型の生活ができるようになりました。

 

結論を先に言うと、

  • 睡眠時間を改善する
  • 翌日の準備をしておく

ことです。

 

朝型になるには、朝どうするかよりもむしろ、夜をどうするかを大事に考えるべきと言うのが私の考えです。

 

もう少しこの話を深掘りしていきたいと思います。

 

あなたは何時間眠るのがちょうど良いのでしょうか?

朝型になるのが難しいと感じている方の多くは、おそらくこの質問に答えることができません。逆に、もしこの質問に答えられれば朝が習慣まではあと一歩だと思います。

 

朝型になろうとした時、「明日はこの時間に起きて何かしよう」と考えてもなかなか実行できません。

それはなぜかと言うと、そう言う考え方の場合のほとんどが、自分の理想の睡眠時間に合わない時間設定をしてしまっているからです。

 

私を例にとれば、私は6.5時間〜7.5時間の睡眠を取れると翌日スッキリ起きれることがわかっています。

そして朝型になるべく「よし!明日は5時に起きるぞ」と決めたとします。ここまでは別に良いですが、問題はその前日の夜に、普段通り24時をまわってから布団に入るような過ごし方をしてしまっていたとします。

 

これでは睡眠時間は長くても5時間しかとれず、理想の睡眠時間よりずっと短いので、翌日にスッキリ起きることができず、従って気持ちよく朝型の生活を迎えることができなくなってしまいます。

 

この例が示すように、朝型になるにはまずは自分の睡眠時間を知り、それを逆算してその睡眠時間が確保できるように夜の過ごし方を考えるべきです。

 

では具体的に私の実体験を織り交ぜて、夜の過ごし方を提案したいと思います。

 

【提案】朝型になるための夜の過ごし方

ここからは、具体的に朝型習慣を実現するための夜の過ごし方を提案していきたいと思います。

 

この提案は、ほとんど私が実践しているものです。

なので、まずはじめに私の生活サイクルについて簡単に紹介させてください。

 

私の生活サイクルを紹介します

ご存知の方もいるかもしれませんが、私は理系の大学2年生で、週3程度のペースでアルバイトをしています。

そして今回紹介するケースは、学校が一限にありシフトは入っていない日のもので、最近は休日にシフトが固まることもあって活動時間的には毎日このようなサイクルです。

 

22:00 就寝5:00 起床。着替えや洗顔などの身支度5:20 散歩に出発

5:50 散歩から帰宅。朝食とお弁当をまとめて作り、朝食分を食べる

6:30 片付け、クイックルワイパーで床を掃除

6:45 ブログを書き始める

7:45 ブログを投稿予約する、日によってプログラミングや音楽、学校の課題に時間を使う

8:30 学校に行くために出発する

〜日中は授業の関係などでいろいろなので割愛します。〜

17:00 自宅で筋トレを始める

18:00 筋トレを終え、日によってプログラミングや音楽、学校の課題に時間を使う

21:00 シャワーを浴び、翌日の準備を行う、読書するときもある

22:00 就寝

5:00 起床

 

いかがでしょうか。最近は本当にこのように毎日が回っています。

また、夜にシフトや遊ぶ予定ができたときは、筋トレをする時間をずらしたり、夜に勉強や創作活動に使う時間をずらすなどして対応します。

シフトなどが入ることがわかっているときは寝るまでの時間を短くしたり起きる時間を少し遅くするなどして対応することもあります。

 

このいわばルーティーンの中で特に大事な点について具体的に話したいと思います。

 

朝型になるために睡眠時間の確保と翌日の準備を怠らない

睡眠時間の確保、つまり自分にちょうどいい睡眠時間を確保することが大事だというのは冒頭に述べた通りです。

 

ここでは、もう一つ朝型になるために欠かせない翌日の準備についての話をします。

 

翌日の準備をするメリットは多岐にわたります。

  • 朝にやることが明確になる
  • 脳がスッキリした状態で眠れる
  • 朝にバタバタしなくなる
  • 早起きしたいと思える

 

せっかく睡眠時間をしっかり取れても、朝起きてから「今から何をしよう」と悩んでしまってはせっかく早く起きたのに時間を無駄にしてしまいますし、もっと悲しいのは「本当はこれがしたかったのにもう時間がない」という状況に陥ってしまうことです。

それらを避けるために前日に準備しておくことが大事です。

そして、準備するために紙やメモアプリに書き出すことで脳が覚えておく情報が減るため、よりスッキリして眠ることができ、良質な眠りが取れることでしょう。

 

そして、私が実践している効果的な翌日の準備には次のものが含まれています

  1. 明日着る服を出しておく
  2. 明日1日にやりたいこと、もしくはやるべきこと
  3. 明日1日の簡単な予定表(朝はより細かいと良い)
  4. その日出すゴミをまとめておく、朝ごはんの内容を決めておく

 

これらを前日のうちに決めておくことで、朝型にぐっと近づくと思います。

 

朝型になって1日をより良いものに!

朝型になることは本当に素晴らしいことだと実感しています。

 

私に朝型の習慣がある程度ついてからは、それまで月1まで頻度が減っていたブログをほぼ毎日更新できるようになりました

 

散歩にでかけ健康的な習慣を始めることもできましたし、何より起きた瞬間からバタバタして訳のわからない過ごし方をすることがなくなりました。

 

それまで完全に夜型だと思っていた私でさえできたので、きっとあなたにできないことはありません。

 

最後に朝型になるためにもう一度、大事なことをまとめておきます。

  • 最適な睡眠時間を知り、確保する
  • 前日のうちに翌日の朝、そしてその日1日分の予定を書き出しておく

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あなたの生活がより良いものになることを願います。

 

コメント