【目標設定の考え方】プログラミングを再開しました【日単位で決める】

プログラミング

こんにちは、のくと申します。

 

あなたは何か、新しいこと以前挫折していたことなどをできるようになりたいと思うことはありませんか。

私のようにもうすぐ就活を控えるような一寸先は闇のような方であったり、はたまた毎日の仕事に追われてなかなか生を実感できないような方も多くいると聞きます。

 

そんな方へ偉そうに語るつもりはありませんが、今日はここで私が新たな一歩を踏み出したことを記録しておきたいと思います。

 

近い目標があれば頑張れる

私が始めたことは後述するとして、新しいことを始める時、何を意識すれば続けられるのかについて以前別の場で私が学んだことを紹介したいと思います。

 

それは、目標は近い方が良いというものです。

 

多くの人は、

    • 「将来こうなりたい」
    • 「○年後にできるようになろう」

というような目標を立ててしまいがちだと思います。

 

それはそれで否定するつもりはありません。遠く大きな目標を持つのは行動指針になるなどして大切なことです。しかしそれはどちらかというと目標というよりは夢に近いのかもしれません

 

目標は、もっと近くて良いのです。

どれぐらい近いといいかというと、日単位で決められるものが良いでしょう。

 

私はこの考え方をDaigoさんのYouTubeチャンネルで知りました。

この動画によれば、ミシガン大学の研究などによって、年単位で目標を定めるより日単位で目標を定めた方がおよそ4倍も動き出しが変わる(効果が高い)ことが実証されたということです。

 

例えば、「約10年後に子供の養育費を貯めておかないと」と考えるのと「約3650日後に子供の養育費を貯めておかないと」と考えるので比べると、同じ期間にも関わらずやはり日単位で考える発言の方がより近い感じがします。

 

期限が近いことを実感できれば、私たちはより動き出しやすくなり、結果的により早く目標に向かって進むことができるということです。

 

そんなわけで私はプログラミングを再開しました。

これを知った私が実際に何を行動に起こしたかというと、プログラミングです。

 

実は私は半年ほど前にプログラミングを少しだけかじってみたのですが、その後モチベーションが上がらず(というのは言い訳かもしれませんが)挫折してしまいました。

 

しかし、先日より少しずつ、私に夢のようなものが浮かび上がってきてそれを達成するためにはプログラミングの技術がほぼ必須であることがわかりました。

 

そこで私はプログラミングを再開しました。

 

今回は以前のように挫折しないためにもっと短期的で明確な目標を持つことを心がけました。

 

というのも、その夢を達成するために求められるスキルを全てProgateの有料講座も含めて学習しようとした場合、理論上39hかかるとされます。

 

一日3hを学習に当てることができれば、単純計算で13日で達成できることになります。

 

結果的に、私は「14日で必要な講座を全て学習する」ことを一つ目の目標としました。

 

一つ目というのは、今回のProgateを使用しての学習だけでは全く実践的ではないため、実務経験を積み重ねていくこともいずれ必要となるからです。

 

しかし今は目の前に集中すべきなので、上のような目標を設定しました。

 

今の私は、期限が近いことにちょっとした緊張感を持つとともに、「意外と14日で終わるものか」というこれから新しく学習することへの期待感が重なってかなりモチベーションを高く持っているような気がします。

 

目標設定は日単位で、行動は今すぐ起こそう!

目標設定を日単位で決めることの最大の利点は、先の話にも重なるかもしれませんが、今すぐ行動しようという気になることです。

 

今私は、「半年前にプログラミングに折れていなければ、今の時点で半年分の実績があったのか」などと思うことがあります。

 

しかし後悔しても仕方がありません

むしろ考え方を変えて、「今から始めれば、半年後の自分には、半年分の実績があることになる」と考えることができます。

 

これは非常に大きなことです。行動は早いに越したことはありません。

 

半年前の記憶もたぐりながら、昨日Progateの道場コース初級を達成しました。

http://

ぜひあなたも、何かやってみたいと思ってずっとやれていなかったことがあるのなら、今日から、始めてみましょう。

 

今日はこの辺りで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント