SPOONで3回ライブ配信してわかった、配信をうまくやるコツ

未分類

こんにちは、のくと申します。

 

昨日、SPOONで3回目のライブ配信を行いました。なので、その結果をここに記し、SPOON始めたての方の参考になれば幸いです。

ガチで無名の初心者が始めてもわりと聴きにきてくれることを感じているので、それも合わせて紹介していきます。

SPOON - ソーシャルラジオサービス

SPOON – ソーシャルラジオサービス
開発元:Mykoon Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

今回は午前中のSPOON配信

私ごとですが、ついに学校が終わり春休みに突入しました。それはつまり、朝早く家を出発する必要がなくなったということです。

 

そのため、朝起きて色々支度をしてからもかなりの余裕がありました。

 

ならばSPOONの配信を練習しよう!ということでほとんどいきなり始めました。

 

その時刻は大体9:40くらいだったと記憶しています。深夜帯ほどDJがひしめくわけでもなく、穴場の時間帯なのかもしれません。

 

結果は、今までで一番よかった理由

先に今回の3回目のライブ配信の結果を話すと、今まで一番良い結果でした。

 

というのも、途中の出入りこそありましたが、最後まで2人が聞いていてくれたからです。

スクリーンショットを撮るのを忘れてしまいましたが、全体で5人が訪れてくれ、そのうち二人が最後まで残ってくれたという結果です。

 

今回は、なぜこのような結果になったのかを考え、次回につなげたいと思います。

私は以下にあげるものが今回の結果の要因であったと考えています。

  1. 脱線こそすれ話のテーマを決めていたこと
  2. アイコンを変更したこと
  3. 楽しんだこと

 

それぞれ深掘りしていきます。

 

脱線こそすれ話のテーマを決めていたこと

前回までと違い、今回はあらかじめ話すテーマを決めていました

それは、「自己分析をする」というものでした。

SHOWROOM社長の前田裕二さんが著した“メモの魔力”において、自己分析1000問に応えることで自分が何者なのかが見えてくるだろうと話していました。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]

私は、これが格好のネタになると思い、それを話していこうと決めていました。

 

実際のところ、聴きにきてくれた人と会話しているとどんどん脱線していってしまうものですが、それでもその話題が鎮火した時すぐに元のテーマから話し出せるので、聴きにきてくれた人を楽しませることにつながったかもしれないと思っています。

 

アイコンを変更したこと

これは個人的に大きな変化だったと思っています。まずはじめにビフォーアフターを見てもらいます。

これがこう。

雄大な自然を背景にした顔を出さない自分の写真から、自分とは全く似ていないけれど(ここ重要!)はっきりと男性であることを伝えられている写真へと変わりました。

 

この絵の何が良いのかというと、「自分がどんな人であるか」をよりわかりやすくできたということです。

 

私は、SPOONでも“のく”という名前を使っていますが、正直なところ“のく”では男女の区別がはっきりしません

それなのに以前のように顔を隠した写真では、それこそ男女の区別がつかず、「この人はどんな人なのだろう」ということを全く想像することができませんそれがある種の恐怖感、不安感を与え自分の配信に入って来にくくなってしまっていたのではないかと思っています。

 

それから、今の写真を変えたことで私ははっきりと男性であることを伝えられるようになりました、自分の顔写真を載せられればもっともの良いのですが、それはまだ憚られています

 

今回の配信を経て、自分が誰であるかをわかりやすくする写真をアイコンに選ぶことはとても重要なことであることを実感しました。

 

楽しんだこと

きわめつけはこれですね。楽しむことです。

 

私はSPOONでのライブ配信を楽しくやれています。たとえ一人しか来ずとも、むしろその人と会話するようにラジオをするというのは今までにない感覚で、とても刺激的です

誰も来ない場合は、何か他のことをしながら誰かが入ってこないかと首を長くして待っていれば良いのです。

 

私の過去や内情を全く知らない人には自分がどう映っているのかをコメントの端々に感じることができたり、そういう人が相手だからこそ、「いつもは恥ずかしくてできないようなことももしかしたらやってやろう」という勇気が湧くかもしれません。

 

そういったあらゆることを総じて、このSPOONというライブ配信アプリを楽しむことができれば、リスナーの多少にかかわらず、クオリティを高めていこうというやる気が出るし、くじけても立ち上がる気力が湧いてくるのでしょう。

 

 

というわけで今回は、3回目のSPOONでの配信を経て私が学んだこと、次回からの配信に生かせそうなことを考えてみました。これからもバンバンやっていきたいと思っていますので、ぜひぜひ応援のほどよろしくお願いします。

 

SPOON - ソーシャルラジオサービス

SPOON – ソーシャルラジオサービス
開発元:Mykoon Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

コメント