【論語】自分に自信をつける語尾の工夫について【実践はとても簡単です】

自己啓発

こんにちは、のくと申します。

 

今回は、プラス思考についての話をします。

自分の言動を振り返ってみて、「〜できない。」「〜しない。」をよく使ってしまう人は余計に自分の自信を失うなど非常にもったいないことをしてしまっていると思います。

 

無意識の部分からそういう発言や、発言に至る思考をプラスに変えていく方法もまた紹介したいと思います。

 

論語にはこう書かれています

私がこの話をしようと思ったきっかけは、論語の一節にあります。

 

(原文)子貢曰。貧而無諂。富而無驕。何如。子曰。可也。未若貧而樂。富而好禮者也。子貢曰。詩云。如切如磋。如琢如磨。其斯之謂與。子曰。賜也。始可與言詩已矣。告諸往而知來者也。

 

(書き下し文)し貢こう曰いわく、貧まずしくして諂へつらうこと無なく、富とみて驕おごること無なきは、何如いかん。子し曰いわく、可かなり。未いまだ貧まずしくして楽たのしみ、富とみて礼れいを好このむ者ものに若しかざるなり。子し貢こう曰いわく、詩しに云いう、「切せっするがごとく、磋さするがごとく、琢たくするがごとく、磨まするがごとし」と。其それ斯これを之これ謂いうか。子し曰いわく、賜しや、始はじめて与ともに詩しを言いうべきのみ。諸これに往おうを告つげて、来らいを知しる者ものなり。

 

(日本語訳)子貢が先師にたずねた。――

「貧乏でも人にへつらわない、富んでも人に驕おごらない、というほどでしたら、立派な人物だと思いますが、いかがでしょう」

先師がこたえられた。――

「まずひととおりの人物だといえるだろう。だが、貧富を超越し、へつらうまいとか驕るまいとかいうかまえ心からすっかり脱却して、貧乏してもその貧乏のなかで心ゆたかに道を楽しみ、富んでもごく自然に礼を愛するというような人には及ばないね」

すると子貢がいった。――

「なるほど人間の修養には、上には上があるものですね。詩経に、

切きるごとく、

磋するごとく、

琢うつごとく、

磨みがくがごとく、

たゆみなく、

道にはげまん。

とありますが、そういうことをいったものでございましょうか」

先師は、よろこんでいわれた。――

「賜しよ、おまえはいいところに気がついた。それでこそともに詩を談ずる資格があるのだ。君は一つのことがわかると、すぐつぎのことがわかる人物だね」(下村湖人『現代訳論語』)

 

参考:https://kanbun.info/keibu/rongo0115.html

 

この文章では、子貢が

  • 貧乏でもへつらわない
  • 金持ちでも奢らない

という姿勢が良いと言うのに対し孔子が

  • 貧乏でも学問を楽しむ
  • 金持ちでも礼節を尽くす

と言うように返しています。

 

同じことを言っているように思いますが、その大きな差は語尾にあります。

 

つまり、子貢が「〜しない」と言うのに対し孔子は「〜する」という言い方で言っているところです。

 

この語尾には二人の考え方が如実に表れていると思います。

子貢は、貧乏や金持ちであることを1つの欠点であると認識しています。だから、「貧乏だけれども〜」や「金持ちなのだけれど〜」というようなニュアンスを含めて発言しているように聞こえます。

それに対して、孔子は長所に注目します。ゆえに「貧乏だからこそ〜」や「金持ちだからこそ〜」というような肯定的なニュアンスが含まれているように聞こえます。

 

なぜ「〜できる」という言い方の方が良いのか

孔子が「〜できる」というような肯定的な言い方をするのは、理由がありました。

 

それは、彼が短所を改善するのは難しいが長所はいくらでも伸ばすことができるという考え方が根底にあったからとされています。

 

人は他人と比較しがちで、しかもその比較から「自分は〜ができない」「こんなこともできない」と自分にないところばかり気にしてしまいます。

 

自分に何が足りないのか意識することは確かに大事ですが、しかしそればかりしていると自分にどんどん否定的になり自信を喪失してしまいます。

その結果、負のループにはまってしまい本当はできることさえできなくなってしまう可能性もあります。

 

しかし、そうではなく「〜できる」という言葉を多用し、長所に目を向けられる人は負のループにははまりません。

逆に、「自分にはこんなことができるんだ」とわかることでその長所を伸ばすような努力ができるように働きかけられますし、そうやって長所を伸ばしていくと今まで短所だと思っていたことさえその長所でカバーできたり、その短所すら克服してしまうかもしれません。

 

そうして、正のループを登り始めることができれば、自分に自信が持てるようになるし、より一層自分の長所に気づきやすくなります

 

人は皆、千差万別であり、長所や短所も様々です。自分にはできるけど他の人にはできないこと、他の人にはできても自分にはできないこと。いろいろあると思います。

 

しかしそれが自分の個性を生み出すもとであり、自分の特性に気づくチャンスです。

そのチャンスを掴むきっかけになるのが、「〜できる」という肯定的な言い方であるということです。

 

これってもしかしたら特性なのかもしれないと気づいた私の話

ここで、ちょっと自分語りをしたいと思います。

「〜できる」と言い換えるだけで、もしかしたら短所だと思っていたこの性格は特性なのかもしれないと気づいた話です。

 

はじめに端的にいうと、「続かない」は「好奇心があって色々なことに挑戦できる」ということで特性に変わりました。

 

私は本当に物事が続きません。

例えば、小さいことから親の勧めでスポーツをしていましたが、小学校と中学校では全く違う競技をやり、しかも高校ではそれらに興味が湧かず帰宅部でした。大学入っても特にスポーツはやっていません。

高校から始めたバイトは、今まで3回転々としていますがどれも1年も持たずに切り替えてしまいました。

最近は一人暮らしや大学に通うことすらやめたくなってきている節を感じています。

 

筋トレやRayarkのゲームが続いているのは私にとってはかなり例外的で、基本的に私は飽き性であり本当に物事が続きません。

 

ここで、「飽き性で物事が続かない」という言葉をよく見ると、やはり文末は「〜できない」になってしまっています。私は、この性格を否定的に捉えていることがよくわかります。

 

バイト先で10年以上勤めている社員さんを見るとすごいなあと思いますし、小学生の頃からずっと続けてオリンピック選手にまで上り詰めるような同い年くらいの人を見ると自分は何もできていないなと悲観的になってしまうことがよくありました。

 

しかし、それは言い方1つで大きく変わります。実際に私は変わりました。

それは、「好奇心があって色々なことに挑戦できる」という言い方です。

 

続かないのではなく、ある程度の見切りをつけて自分が面白いと思うものを始められる。

続かないのは好奇心の移り変わりが早く、しかもその好奇心に素直であるから。

 

バイト先を転々とすることで新しい出会いや新しい考え方、会社によって結構ルールが違うことを知りました。

色々なスポーツをさらっと経験していたことで、友達からの誘いに応えられる機会が多くなりました。

 

このように考えるだけで、否定的に「続かない」と嘆いていた過去の私と決別し、「好奇心があって色々なことに挑戦できる」という特性を持つ私を誕生させることができました。

 

これはあくまで一例ですが、このように同じ状態も見方を変えることで否定的にも肯定的にも見ることができるようになります。

 

であるならば、肯定的にその状態を捉えてやることで、自分を正のループに乗せてあげることができるのではないでしょうか。

いずれは、あらゆる欠点(と思い込んでしまっているもの)をまとめて自分の特性なんだと理解できるまで正のループを登ってみたいものです。

 

プラス思考を叶える第一歩

最後に、今すぐ実践できるプラス思考の始め方について話します。

 

といってもとても簡単で、普段「〜できない」「〜しない」といってしまっているものがあるならば、それを〜できる」「〜する」に言い換えるだけです。

 

  • 続かない
  • 時間がない
  • お金がない
  • 部屋が汚い

と考えてしまうのではなく

  • 好奇心がありいろいろ挑戦できる
  • いろんなことをしている、時間の余白を見つけることができる
  • お金をかけずに物事を楽しむことができる、お金を生み出す方法を考えることができる
  • 部屋を綺麗にすることができる、部屋を一新しようと思える

 

このような具合でいかがでしょうか。この分析をしてみるとわかることは、否定的な文言の方が簡単に言えてしまうということです。

肯定的な発言をするのは、否定的な発言をするのに比べて少しだけ手間がかかります。

 

しかし、それに案じて簡単な方に流れてしまえば、すぐに負のループに陥ってしまいます。

 

そうではなく、自分と向き合って欠点(と思い込んでしまっているもの)を肯定的に言い換え、正のループに乗ること、そうすればたとえ今と状態が変わらなくても今この瞬間をより幸せに生きれると思います。

 

私も、いくつものコンプレックスを持っているので、これを機にそうしたものを一掃し、より良い人生を歩みたいと思いました。

 

少し長くなってしまいましたが今日はこの辺りで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント