【ミニマリストへの道】プロジェクト333追加アイテムについて

ミニマル

こんにちは、のくと申します。

 

今回は9月より始めていたプロジェクト333において、新しくアイテムを追加したことを報告しておこうと思います。

 

プロジェクト333について知りたい方は過去の記事からご覧ください。

【ミニマリストへ一歩】プロジェクト333始めます【アイテム紹介】
いよいよ9月に突入したので、かねてより話していたプロジェクト333 2019秋を始めようと思います。今回は一発目としてミニマルに選び抜いたアイテム達を紹介します。

【厳選】UNIQLOで服を購入しました【UNIQLO U 19AW】

過去記事でも説明がありますが、私はプロジェクト333のルールを少しだけ改変し、「期間が終わる11月末までに33アイテム以内に収まっていること」としました。

 

なので実は服を買う余裕がありました。

今回服を購入するに至ったのは以下の理由もあります。

 

  • バイト先に(UNIQLO)に着ていける秋冬服<
  • 私服でも着たいいい感じの服

 

つまり、もう少しおしゃれに服を着回したいという理由でした。

私にはまだスティーブ・ジョブスやマーク・ザッカーバーグのような超シンプルな着回しは早かったです。(一つの目標ではありますが)

 

前置きが長くなりましたが、ここで私が購入したアイテムを紹介します。

買ったのは合計で2着で、それぞれ

  • ブロードストライプシャツ(‘長袖)(UNIQLO U 19AW)
  • ストレートジーンズ(UNIQLO U 19AW)

です。

 

本命はストレートジーンズです。以前より68BLUEのような濃紺のジーンズが欲しかったのですが、ついに欲しいと思う形に出会いました。

ストレートジーンズはその名の通り腰からストンと落ちるようなシルエットを持ちます

UNIQLOで最も前面に押し出しているのはおそらくワイドフィットテーパードジーンズというものだと思いますが、(個人的な意見ですが)これはどうしてもあまり身長が高くない私にとって、より短足に見えかねないシルエットだと感じました。

 

それは、他のテーパードと名のつくパンツには全て言えることで、私の目にはUNIQLOのモデルさんやテーパード系のジーンズをお勧めするファッション系YouTuberの方達でさえなんだかスタイルが悪く見えていませんか?と感じるくらいでした。

 

その点、ストレートジーンズはテーパードがかかっておらず、むしろ裾は少し広がっているような印象さえ受けるシルエットです。これのおかげでゆったりとした履き心地に加え上半身をジャストサイズできることでほんのりAラインシルエットにすることもでき、あまり身長が高くない人でも楽しめるものになっていると感じます。

 

 

また、もう一つ私が購入したブロードストライプシャツ(長袖)ですが、これは32BEIGEのほうを選びました。

これを選んだ理由は簡単です。

  • ベージュや茶色が好きだから
  • 柄物に挑戦してみたかったから
  • 細い幅のストライプが主張してなくておしゃれに見えたから

 

以前プロジェクト333を始めるにあたり使う服を一覧にして紹介しましたが、振り返れば私は柄物を一つも持っておらず、無地のものばかりでした。

 

それはそれで良いのですが、心の奥では「柄物に挑戦してみたいな」と思う自分がいました。

 

そんな折にUNIQLO Uが打ち出したこのブロードストライプシャツは、とても気に入りました。

 

ストライプの線がかなり細いので、遠目にはあまり柄々してるようには見えませんが、それでいてストライプであることは確かなので他に重ねた服を生かしてくれます。

また、ベージュといっても、落ち着いた渋みのある茶色をベースとしているので、これからの季節にもってこいな色合いをしています。

 

以上の2点を購入しました。

どちらもUNIQLOの標準点には置かれていないものなので、大型店で試着をし納得した上で買い物をしたためもちろん後悔はありません。

それどころか大満足です。

 

プロジェクト333に使えるアイテムは30個になりました

以前のスタート時に28のアイテムがあり、今回2つの服を追加したので、合計30のアイテムでこれからも引き続きプロジェクト333に取り組んでいきたいと思います。

 

2つのアイテムを増やしただけですが、以前に増して様々な着回しができるようになったので、私服やアルバイトがどちらもとても楽しくなっています。

 

最近少しずつ気温が下がってきているのを実感しています。

私が少し悩んでいることは、この期間中に完全冬物のアイテムを追加するかどうかです。

ウルトラライトダウンであったり、厚めのセーターだったり。

 

服を減らしても季節に対応できないのであれば意味がないので慎重にいきたいところです。

 

ではこの辺りで今回の記事を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント