気になっている企画「プロジェクト333」をやろうと思います【9~11月】

ミニマル

こんにちは、のくと申します。

今回は、私が最近知った気になる企画について話していきます。

 

それは「プロジェクト333」と呼ばれるものです。

 

プロジェクト333とは

プロジェクト333は、私は最近知ったのですが、その流行は3,4年前にありました。元々は2010年の秋にコートニー・カーバーという一人のブロガーが始めたものです。

 

私はこの企画を、筆子ジャーナルというブログで知り、それ以降日に日に興味が増していきました。

 

プロジェクト333のルールは簡単で、「3ヶ月を33のアイテムでファッションを回していく」というものです。

 

この記事にプロジェクト333の原点がまとめられています(コートニー・カーバーさんの記事に遷移します。)

細かいルールは以下の通りです。

期間:3ヶ月
アイテム:服、アクセサリー、ジュエリー、アウター、靴
含まないもの:結婚指輪およびずっと外さないアクセサリー、下着、寝間着、部屋着、仕事着

 

私は、次の9月から11月末までのいわゆる秋と呼ばれる3ヶ月で、この企画にチャレンジしてみたいと思います。

 

プロジェクト333に挑戦したい理由

この企画を知ってから実際にやってみようという気持ちになったのは二つの理由があります。

 

ミニマリストになりたい

一つは単純な願望としてミニマリストになりたいと思うからです。私自身余り物を多く持つタイプではないと思っていますが、それをもう少し突き詰める機会がこの企画にはあると感じました。

 

なんとなくとっておいたもの、最近あまり着ていないものなど、この機会に断捨離できるのではないかと思います。

 

ファストファッションブランドでバイトしているのを逆に利用したい

このブログでは初めて話すことですが、私はとあるファストファッションブランドでバイトしています。

 

時期にプロジェクト333で厳選したアイテムを紹介した時にわかってしまうことなので隠しませんが、私はユニクロでアルバイトをしています

 

ユニクロなどのファストファッションブランドは、季節ごとに大きくラインナップを変え、去年と同じ服は無いのではないかと錯覚させるほどに色々な服を生産し消費させています。

特にユニクロは、今や世界最大手のZARAやH&Mに肩を並べるほどになり、ファッションブランドの売上高で世界一位になるのもそう遠くないと言われるブランドです。

 

そんなユニクロでアルバイトをするためには、ユニクロの服を着て出勤する必要があります。昔からユニクロの服は安くてシンプルなので好きでしたが、アルバイトを始めて気づいたことは、思ったより多く服を持たないと毎回同じ格好で出勤しなくてはいけなくなってしまうということでした。

 

ミニマリストになりたい意思があるのに必要以上に服を持たなくてはいけないというジレンマに挟まれた今だからこそ、プロジェクト333を通じてそのジレンマに決着をつけたいと思ったのです。

 

少し解釈を変えてプロジェクト333に臨みたいと思っています。

以上の理由から、私はプロジェクト333に挑戦します。

 

とは言ってももう1週間程度で9月が始まってしまいます。期間の終わりが11月末であることを考えると、少し肌寒さがあることも考慮して33のアイテムを揃えるべきなのですが、正直1週間で万全の体制を整えるのは少し無理があるように感じています。

 

なので、ここで私なりに企画のルールを変更して取り組みたいと思います。

 

以下にそのルールをまとめます。

  1. 期間は3ヶ月で変更なし
  2. 33のアイテムにカウントする種類は、アルバイトに行く格好を含める以外は変更なし
  3. 【新ルール】アイテム数33は、11月末時点での数とする。また、この期間中にすでに身につけたアイテムを33のリストから削除することはできない。

 

この新ルールで言いたいことは、これから足されていくであろうアイテム分の余白を設けておきたいということです。

9月の頭は少ないアイテム数から出発し、たとえこの期間が終わるまでに幾らか買い物をしたとしても最大で33を超えないようにする、という意味です。

 

この3つのルールを以って私はプロジェクト333に臨みたいと思います。

また、企画が始まったら毎日の格好をどこかにTwitterなどにアップしたいと考えていますが、少し身バレが怖い部分があるので1週間に一度その1週間分をまとめて公開しようかと考えております。

 

温かく見守っていただけると幸いです。

この記事はここで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント