【プログラミング学習】Progateを初学者が評価します【おすすめ】

プログラミング

こんにちは、のくと申します。

 

以前よりツイートを重ねていましたが、私はProgateを利用して

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • React

の学習を一通り終えました。ここで、私なりにProgateでのプログラミング学習を振り返ってみようと思います。

 


この記事ではProgateの評価として以下の点を挙げます。

  1. かなり優しく教えてくれるスライド
  2. ゴールが小さく区切られておりエラーに気付きやすい
  3. ページを完成させるなどの実践的なステップについては何かでさらに練習を重ねる必要がある

 

それぞれ詳しく話したいと思います。

とてもわかりやすく教えてくれるスライド

何と言ってもProgateのメリットはここにあると思います。

 

懇切丁寧なスライドは、初学者にも理解しやすいものになっています。

もちろん実際にコードを書いてみないと身につきませんが、しかしProgateのスライドは一度コードを書くのに詰まった時に振り返ることでより一層の理解を得られます。

 

それは、初見でスライドを通過した時に見落としていた部分に気付くことができるからだと思います。

私はよく、()を忘れてしまったり、{}と()を間違えて書いてしまったりします。実際にコードを書いているとエラーが多発してしまうのですが、そんな時にスライドに立ち返ることで自分がどこを間違えているのかすぐ気付くことができるようになりました。

 

Progateのスライドは本当によくできているので、モチベーションもあまり落ちずに続けられました

 

ゴールが小さく区切られておりエラーに気付きやすい

Progateは1つの言語に10近く章を分けています。

プログラミングをやっている当時はなんでこんなに細かく分けているんだろうと疑問になることもありましたが、その理由に気づいたのはHTML/CSS編の上級コースをやっている時でした。

 

HTML/CSSの上級コースでは、初級や中級コースで作ったWebページを一から作るものです。やることが多い分、一回の章で書かなければならないコードの量も膨大です。

 

そして自分でプログラムが書けたぞと思って正誤判定をすると、どこかがエラーになってしまうことが多々ありました。しかし、どの時に書いたコードの量が多いと、どこで自分が書き損じたのかを見つけることが大変です。

Progateの正誤判定はどのあたりが間違っているかを教えてくれることがあるものの、「コードの書き方はあっているがそもそも書くコードが違う」時なんかはもうさっぱりわからなくなってしまいます。

 

ここにきて、Progateがあれほど細かく章を分けている理由に気づいた気がします。つまり、自分がどこでつまづいているかをわかりやすくするという目的だと思います。

 

その短いスパンの章の間でコードに書き損じがあっても、すぐに間違いを見つけ出し訂正することができます。そして、コードのちょっとした違いがプログラム全体に影響を及ぼすということを理解することにもなりました。

 

ページを完成させるなどの実践的なステップについては別の教材を使う必要がありそう

そんな初学者にぴったりとも言えるProgateですが、やはり完全ではありません。

 

というのも、HTM/CSSではWebページ全体を作りましたが、JavaScriptやReactについては知識をスライドで解説しその機能を使うための課題のみで構成されていたので、まだ実践的とは言えないかもしれません。

 

Progateを利用して基礎知識を詰め込んだ後はにやるべきことはおそらく次にあげるものだと思います。

  • 写経
  • 別の教材での練習
  • いきなり実践(Webサイト制作など)

 

私の予定では、CodeAcademyという無料で始められるWeb教材があったのでそこで練習を重ねたのち、YouTubeなどを活用して写経をこなしたいと考えています。

 

Progateはプログラミングの入り口に最適

Progateからプログラミングを始めるのはとてもオススメです。

 

なぜなら、

  • いつでも振り返れる懇切丁寧なスライドがある
  • 基礎を定着させる演習課題が充実している

からです。

 

また、プログラミングを頑張ろうと思う方はぜひ有料版になることも合わせてお勧めします。

Progateで扱う内容は本当にプログラミングの基礎となるものです。

有料版になると特定の分野でしか使えなさそうなテクニカルな技術について解説しているというわけではなく、有料版でさえあらゆる場面で使える基礎的な知識を解説しています。

 

月額980円+税なのであまり懐が痛むこともありません。

 

無論、無料で受けられる講座もたくさんあるのでまずはそこからやってみることになるとは思います。

 

では今回はこの辺りで終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント