学生ならAmazon Prime Videoを始めるべき理由【世界は広い】

大学生

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/blognoku/blognoku.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

こんにちは、のくと申します。

今回は、Amazonが提供する、Prime会員であれば映画が無料で見れるようになるサービスPrime Videoを利用したレビューと私がこれをオススメする理由を紹介します。

 

そもそもPrime Videoって何?

という方や

興味はあるんだけど、、

そういう方の参考になれば幸いです。

 

なんなら今すぐPrime Videoを始めたいという人は、下のリンクをクリック!

そもそもPrime Videoって何?

Prime Videoというのは、アメリカの大企業Amazonが提供する、Prime会員限定の一部映画が見放題になるサービスです。

過去の名作からちょっと前の大ヒット作まで、かなり幅広く網羅しています。

時期にもよりますが、およそ8000本以上の映画が揃っています。

Prime VideoはPrime会員なら無料で始められる

Prime Videoを始めるために必要なものはなんでしょう?

それは、(Prime会員になっていれば)映画を見るためのスマホ(またはPC)だけです。

Prime会員であれば、追加料金がかかりません。Prime会員になったアカウントを登録するだけですぐに始められます。

 

もしまだPrime会員になっていないという方は、学生なら年額1900円、または月額200円で始められるので、以下のリンクから登録してみることをお勧めします。

プライム会員に登録
独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組をお楽しみいただけます。 いつでも、どこでも視聴できます。今すぐ無料体験を始めましょう。

今なら30日間無料でPrime会員のサービスを受けることもできます。試してみるだけでもありです。

私がAmazon Primeを勧める理由を過去のエントリでまとめています。合わせてそちらもご覧になってください。

学生ならAmazon Prime Studentに登録すべきこれだけの理由
Amazon Prime Studentは、学生こそ活用すべきです。なぜなら月額がかなり安いにも関わらずたくさんのサービスを受けることができるからです。数あるサービスの中でも、Prime VideoとPrime Musicを推します。

学生がPrime Videoを始めるべき理由【至極の作品に触れる】

私が学生の身分でPrime Videoを始めた理由、そして学生の皆さんにPrime Videoを勧める1番の理由は、”自分の視野を広げ、多様な考え方を知る”というものです。文章にすると高尚に聞こえてしまいますが、要は「すごい作品を浴びるように観たい」という思いがあるからです。

 

あらかじめ断っておきますが、私は何も映画関係の仕事をしたいとは(いまのところ)微塵も思っていません。大学では建築学科に進みました。

 

それでも、映画というものは素晴らしいと思います。

そう思う理由は以下に挙げる通りです。

  • 多くの人が協働し、時間をかけて作り上げる最高の作品であること
  • 伝えたいメッセージを直接言わず2時間程度の映像作品で婉曲に表現していること
  • 一瞬たりとも不要なものがない洗練された編集をしていること

などです。順番にもう少し深掘りしていきます。

 

多くの人が協働し、時間をかけて作り上げる最高の作品であるということ

映画は、一人で作るものではありません。(探したらあるかもしれません?)

監督がいて、俳優がいて、編集がいて、音響がいます。映画のエンドロールまで見る人であれば、一つの映画に協働している人数の多さがわかると思います。

 

そして、それだけの人数をかけながら、映画を作るためには莫大な時間を必要とします。一つのシーンに何十回も撮り直しを行ったり、最も効果的な編集をしたり、音響を調整したり、打ち合わせを重ねたり、恐ろしいほどの時間を必要とするでしょう。

 

例えば、調べた情報によるとピクサー映画は一つの映画を製作するために3〜6年かかるそうです。さらに、すべてCGアニメーションで作られることの多いピクサー映画は、200人を超える人が携わって映画を製作します。

2015年公開の「インサイド・ヘッド」では、製作に5年をかけ、200人を超えるメンバーが製作に参加したことがわかっています。

 

CGアニメーションでも、実際の人間が演じる映画も、どちらも多くの人が関わっていくことは想像に難くないと思います。

 

それだけの人が参加して、妥協なく議論を積み重ね完成した作品は、どれも洗練されており素晴らしいのです。

 

私たちは、何年もかけて作り上げた作品を、2時間程度で見ることができるので、最高の芸術作品を浴びるように吸収することができるでしょう。そこを、私は魅力的だと思うのです。

 

伝えたいメッセージを直接言わず2時間程度の映像作品で婉曲に表現していること

映画では、映画を作るコンセプトまたはテーマとして、「この映像作品の中で何を伝えたいのか」ということが決まっていると思います。

しかし、伝えたいことをただ文章にしたり、読み上げるのではなく2時間程度の映画という手段を使って表現しているところがいいと思うのです。

 

私たちは、直接答え(=映画の作成者が伝えたかったこと)を知ることがないため、映画を見た反応や感想は人それぞれ微妙に変わってきます。

そして、そこが私が面白いと思うポイントです。皆同じ映画を見ているはずなのに、注目したポイントや自分に引っかかった場面の違いから、その映画に抱く感想が誰一人かぶることがありません

伝えたいメッセージが一つではなかったということも考えられますが、私たち一人一人の多様な考え方が反映されていると考えると、とても奥が深くなっていきます。

 

一瞬たりとも不要なものがない洗練された編集をしていること

映画は、編集に編集を重ねて作成されています

 

ここで、“20歳の自分に受けさせたい文章講義“の一節を引用します。

どんな映画でも、監督にとって無駄なカットは一秒たりとも存在しないし、監督はすべてのカットに関して「なぜこのカットが入るのか」を雄弁に語ることができるはずだ。

(中略)

文章を書く上においても、「なぜこの一文が入るのか」、あるいは「なぜここにこの一文が入らないのか」を説明できる自分であらねばならない。

著者は現職がライターであり、大学時代に自主映画を撮影しました。その時に痛感したのが、「編集の大切さ」だったそうです。

 

プロになれば編集の量は凄まじいです。

たくさんの時間をかけ撮影したカットにも、監督が伝えたいことに繋がらなければ削除されていきます。そして、伝えたいことにつながる必要な情報のみカットに入っているのです。

 

こうして2時間に凝縮した作品は、私たちが一度見るだけでは処理しきれないほどの情報で埋め尽くされているのです。

そこに、映画の素晴らしさがあると思います。

 

 

いかがでしょうか。Prime会員になれば無料で利用できるPrime Videoというサービスは、無料なのにとっても充実した経験を私たちにもたらしてくれます。

 

これを利用しない手はないと私は思います。

 

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

終わります。

コメント