【原始的】Wi-Fiがない生活を一ヶ月すると【健康におすすめです】

一人暮らし

こんにちは、のくと申します。先日、私の家にWi-Fiを導入する工事を業者の方にやっていただきました。実は、工事までおよそ一ヶ月ほど、Wi-Fiを導入せずに一人暮らしをしていました。

 

結論から言うと、Wi-Fiがない方が生活はうまく回るけど、やっぱり自宅にWi-Fiは導入する方が良かったです。

 

Wi-Fiを入れない生活に憧れ

なぜ一ヶ月もの間、Wi-Fiがない生活をしていたのか。

それは、Wi-Fiが無い生活に憧れていたからです。

 

私はデータ容量の大きなプランを選んでいないので、4G回線でYouTubeを見たりゲームをガンガンやるようなことはWi-Fi環境下でないとできません。

つまり、家ではできることが限られていたのです。

 

そんな、「ちょっと不自由な暮らし」に憧れていたところがあったので、Wi-Fi導入工事は入居から一ヶ月開けて依頼しておきました。

 

Wi-Fiが無いと原始的な生活になりがち

Wi-Fiが無い生活とは具体的にどんな感じなのでしょうか。

一言で言うと「原始的」な生活になります。

 

Wi-Fiが無いとたくさんデータを食うような動画コンテンツやゲームなどをやるのは気が進みません。ネットサーフィンやLINEなどしか使わなくなります。

 

その結果、私の背かつサイクルは太陽とともに動くといっても過言ではありませんでした。つまり、夜は10時に布団に入り、朝6時前には目覚ましを鳴らすといった具合です。

 

原始的が良いかどうかの議論はここではしないとして、朝早く起きる習慣が身につくので、Wi-Fiの無い生活には満足しています。

 

Wi-Fi-導入の工事はほんの10分程度で完了する

しかしかといって、やはりWi-Fiが無い生活というのの不便さが身にしみて感じるようになった入居からおよそ一ヶ月後に、私はWi-Fi導入の工事を依頼しました。

 

工事では何をするのか何にも知りませんでしたが、業者の方は流石に手慣れており、ほんの10分程度で工事が完了してしまいました。

 

しかも、キャンペーンをやっていたためWi-Fiのルーターもつけてくれたので追加の費用や器具は何も必要ありませんでした。

 

Wi-Fiがあると色々捗るのでやっぱり導入して正解だった

Wi-Fiを導入すると、生活はまさに一変しました。

夜寝る前にYouTubeが観れるようになりました。PCがネットに繋がるようになったのでブログの更新がとても楽になりました。

また、アマゾンなどのネットショッピングも通信を気にせずできるようになりました。

 

やはり、Wi-Fiは偉大でした。

 

ただ、それまでの一ヶ月かけて作った朝習慣は、まだ崩れていません。習慣の力は大きく、Wi-Fiを導入したことによってたくさんの誘惑にアクセスできるようになってしまいましたが、それに負けず朝習慣は維持していきたいと思っています。

 

原始的な生活の方が健康的なのでそれを意識した生活は大事

Wi-Fiが無い頃に自然と身につく早寝早起きの習慣は、健康的な生活を送るため、そして創造的な活動に時間を使うために大変重要なことだと思っています。

 

ですので、これから一人暮らしを始める方には、ぜひ入居日に合わせてWi-Fi工事をしてしまうのではなく1週間から一ヶ月程度W-Fiが無い生活を送ってみることをお勧めしたいと思います。

 

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

終わります。

コメント