macbookを買う学生は「学割」を活用すべし!

こんいちは、のくと申します。

 

私事ですが、つい先日にMacbook Pro 13インチを注文しました。最近のMacbookは安くても10万円程度はするのでなかなか購入に踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。それはお金が無くなりがちな学生ならなおさらです。

 

ですが、Macbookはとても高性能で、使いこなせばあなたの生産性は爆上がりしていくことだと思います。

 

ここで紹介したいのは「学生・教職員割引」というappleでの限定サービスです。今回の記事で、具体的な割引額や支払い手順などを詳しく解説していきます。購入を迷っている人はぜひ読み進めていってください。

 

学生・教職員割引とは

これは、appleが行っているサービスのうち一つで、教育機関においてより多くの人にMacを利用してもらうためなどを目的として、割引価格での販売をしているというものです。

主に大学生と教職員、およびその親族が対象

では実際にどのような人がこの割引を受けられるのでしょうか。

apple公式サイトでは、以下のように記述があります。

大学生、高等専門学校および専門学校生、これらの大学に進学が決まった生徒の皆さん、そのご両親、教育機関の教職員の方々など

apple公式サイトより

 

学割で6000円~180000円(税別)の割引を受けられる

学割においてどれだけ安く購入することができるのか、以下にまとめました。メモリの大きさなどでさらに値段が異なてきますが、以下に挙げるのはその中で最も小さいメモリ容量のものです。

  • 12inch Macbook 256GB

142800円→136800円

  • 13inch Macbook Air 128GB

98800円→92800円

  • 13inch Macbook Pro 128GB(touch bar無し)

142800円→136800円

  • 13inch Macbook Pro 256GB(touch bar有り)

198800円→187800円

  • 15inch Macbook Pro 256GB

258800円→242800円

  • 21.5inch iMac            120800円→114800円
  • 27inch iMac            198800円→187800円
  • iMac Pro              558800円→513800円
  • Mac Pro              298800円→278900円
  • Mac mini              48800円→46800円

いかがでしょうか。なかなか割り引かれてると思いませんか?

ちなみに、Macシリーズで最も高額なiMac Proフルカスタマイズの割引額は

1539659⇨1350200円

より189459円も安くなります。

正直、この割引が適用される身分で利用しないではないかと思います。

必要なものはほとんどない

私は先日、色々な支払い方法を試したので、どのようなものが必要かを聞き出すことができ、実際に学割を利用して購入することができました。

 

結論を言うと、学生証があれば余裕でしょう。

と言うのも、私は最終的に銀行振込で支払いを済ませたのですが、特に学生かどうかを確認されることはありませんでした。もしかすると確認を求められる可能性があるので、学生証を持ち合わせておけばまず問題ないでしょう。

 

Appleローンを組む人は要注意

Appleローンはとても便利でして、現在は12回払いまで利息0円なので、利用したいと思う方も多いと思います。しかしここで注意点があります。

 

学割かつappleローンを組む場合、appleコールセンターに問い合わせて注文をしなければならないということです。

 

購入画面にも案内が表示されますが、コールセンターを介さずに購入すると後で面倒なことになりかねないので、しっかりコールセンターを通しましょう。

 

といってもそこまで踏み込んだ内容は聞かれないと思います。私がappleから聞かれた内容は、

  • 親の同意は得ているか
  • どこの学生か(学籍番号も聞かれました)

この程度でした。なので大方の人は通過できると思います。

 

さらに購入手続きの後、Oricoというローンサービス会社の審査を通過すればいよいよ購入が完了しますが、私はなぜか審査落ちしてしまいました。。理由はわかりません。18歳の未成年だったからでしょうか。

 

Mac製品でより充実した生活を

かくして、MacbookをはじめとするMac製品を購入できます。学生のうちの特権ですので、ぜひ利用してみてください。

コメント