【半年レビュー】m+のzonzoを半年使い続けた結果【味が出てきた】

ミニマル

こんにちは、のくと申します。

今回は、半年前に買ってから毎日ズボンの前ポケットに入れて愛用している、コンパクトな財布m+のzonzoを見てみます。

買った当初の記事にてこの財布zonzoの詳細を紹介しているのでそちらも合わせてご覧ください。

片手に収まる最強の財布【m+ zonzoレビュー】
こんにちは、のくと申します。 私ごとですが、先日、半年以上財布選びに悩み抜いた末に購入を決断した、m+のzonzoという財布がついに私の手に届きました。 今回は、この財布の特徴を紹介していきます。 m+とは 元建築家の村上雄...

半年使い続けたいま、zonzoについてみなさんに伝えたいことは二つあります。

 

  • 経年変化によってだいぶ飴色になってきた
  • 全く壊れる様子がない

 

経年変化によってだいぶ飴色になってきた

私が購入した色はnapoliという色で、購入当時は黄土色のような明るい色をしていました。

それが、半年使い続けるとここまで色が変わり、いよいよ飴色と言えるくらいまで色が深まりました。

zonzo半年の外観

左:購入当初のzonzo。右:半年使い込んだzonzo

さらに、革だけでなく真鍮製のファスナーも鈍みを帯びなんとも形容しがたいかっこよさを感じます。

zonzo半年ファスナートップ

私のm+ zonzoの使い方

「使い続ける」という言葉は非常に意味が曖昧です。なのでここで私がどのようにm+のzonzoを使ってきたかを紹介します。

 

財布はもちろん毎日持ち歩くものです。人によってはカバンの中にしまうかもしれませんが、zonzoはとてもコンパクトなので、男物のスボンでも前ポケットにしまうことができます

 

なので私は、毎日欠かすことなくズボンの前ポケットに入れて生活していました

また、zonzoの中に定期やカード、現金などを入れているため、ポケットに入れたままではなく時折手に持ちます。

実際に数えているわけではありませんが、おそらく1日に50回くらいは握っていると思います。

 

そもそも持った感じもとても好きなので財布を使う用がなくても持ってしまいます。

 

手に持つことで、手の水分などが革を適度に潤し、革が乾燥してしまうのを防ぎます。財布のようによく手に持つものであれば特別なケアはむしろいらないようです。

全く壊れる様子がない

たった半年、されど半年。です。

使い込んでいくと半年であってもだいぶボロボロになってしまう可能性があります。

しかしm+のzonzoからは全く壊れるなどの気配を感じません。

革の表面はちょっとした汚れや引っかき跡はあれど破れるなどの損傷は見られません。

m+zonzo半年外観

ファスナーや革の縫い目も新品同様と言えるくらい無傷です。

m+zonzo 縫い目 m+zonzo 内部

これからもずっと使い込んでいきたいと思っています。

次の更新はおそらくまた半年後、購入から1年のレビューになると思います。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

終わります。

コメント