受験生は今が正念場!勉強のやる気アップの方法

受験生のみなさん、10月も半ばになりましたが、模試の結果や教室の同級生との受験話ばかりで精神を疲弊しまくってはいないでしょうか。。

 

こんにちは、のくと申します。

私はこの春にとある関東の国立大学に現役合格したばかりの大学1年生で、最も受験生に近い存在と言えるでしょう。なのでこの記事で、ちょうど1年前の私の受験生としての生活を振り返ってみたいと思います。

注意してほしいのは、今回の記事でまとめる方法をすれば志望校に合格できるというわけではありません。ただ、こういう受験生活もあるんだな、と参考にしていただければ幸いです。

 

この記事であ、受験生真っ盛りの高3生に加え、高2生、高1生にも通じる話だと思いますので、ぜひご覧ください。

 

10月に受験生がすべきことはやる気を維持すること

夏休みに鬼のように勉強した人、そうでない人がいますが、10月というのは中だるみしやすい季節です。

「長く続いた部活も幕を閉じ、ガチで参加できる学校行事も終わり、学校によっては修学旅行も言ってしまい、残すは目の前の受験しかない、、、」という人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、そんな時期だからこそ10月は一気に力をつけるチャンスです。いままでは何かと並行しながらやってきた受験勉強ですが、これ一本に集中して取り組めるようになるので、質も量も向上することが大いに期待できます。

 

そして、ここで踏ん張ることができれば、受験に集中するということが習慣化されて、肩ひじ張らずに学力を伸ばせるようになります。

たとえこの時期に習慣化できなくても落ちた、と思う必要は全くありません。この記事を見て「今からやろう!」と思ってくれれば受験本番に間に合わせることは容易です。

 

かくいう自分が受験に本気になり始めたのは夏休みからだったのですが、10月は中だるみしてしまいました。しかし、ちょうど1年前の10月中旬あたりから周りの同級生に感化されて再び受験戦況の息を吹き返すことができました。

 

10月は中だるみしないようにする、または中だるみしてしまった習慣を切り替えることが大事です。

 

10月に志望校は決まっているべきか

受験勉強は目標があるとはかどります。その目標の一つには志望校があります。志望校をどこにして、そこはどれくらいの勉強が必要で、ということが大まかにわかってくれば今力をつけなければならない部分が見えてくることでしょう。

そこで肝心なのは志望校をどこにするかという問題です。この章を見てくれている方はまだ志望校決まっていないということを想定して言いますが、結論としては「まだはっきりさせなくていいから、少し高めに設定いておこう」となります。

 

まだ志望校が決まていない原因は、自分の学力ではどこにいけるかわからない、志望する分野が見つからない、といったことが大半を占めます。そういう場合は、とりあえず高みを目指しておくと良いです。

 

難しい問題というのは名問が多く様々な思考を必要としますが、それらは基礎の組み合わせであることがほとんどです。自分が覚えてきたもの、学んできたものをアウトプットするには難しい問題のほうが効率が良いです。難しい問題を解いてみて、知らなかった知識、わからなかった知識を適宜覚えていけば、いずれ本当の志望校が決まった時に備えられます。

 

10月は二次試験の勉強をしたほうがよい

1月の初めにセンター試験が二次試験に先立って行われます。しかし、センター試験の勉強は10月の段階ではする必要は無いです。なぜなら、センター試験は短期集中で覚えてし合ったほうが効率が良いし、そもそも二次試験への勉強に注力したほうが志望校に受かる確率も上がるからです。

 

センターで出題される問題のうちいくつかは二次試験の対策をしていれば自然に対策されていきますし、そうでない教科はもはや暗記ゲーです。センターの勉強はなかなか地味でやる気もそがれがちです。やる気アップのためにも二次試験の勉強に注力したほうが良いでしょう。

 

受験生は10月を乗り越えて志望校に向かって進もう

努力しないことには受験生は始まりません。そのためにも、10月を乗り越えることは重要なターニングポイントです。逆に、10月をしっかりと乗り越えられれば、その後の受験勉強もはかどりやすいです。

 

ぜひ、実りある受験生活になることを願っています。

 

終わりです。

コメント