【大学生必見】iOSアプリのメモはレポートやブログを書くのに最適

大学生

んにちは、のくと申します。

 

あなたがもしiOSデバイスを使用しているのなら、“メモ”というアプリを見たことないという人はいないのではないでしょうか。

 

しかしながら、このメモというアプリは非常に有用なものであり、特に私のような学生にとっては最強と言っても過言ではないエディタアプリだということができます。

 

なぜなら、iOSの複数のデバイス間で同期することができるからです。

 

今回は、メモを同期する方法や、メモを同期することで何が起こるのかを解説していきたいと思います。

 

iOS標準搭載アプリ”メモ”とは

iOSには、デフォルトでメモというアプリが入っています。iPhoneでは上のようなアイコン、macでは下のようなアイコンになっています。

 

デフォルトでインストールされているので始めるのはもちろん無料です。特に面倒な登録をする必要なく使い始めることができます。

 

このメモの凄いところは、一つのメモを複数のiOSデバイスから編集できるというところにあります。

つまり、例えばiPhoneで書き出したメモを、途中からMacbookに引き継ぎ、文章を書き進めていくことができるということが可能となります。

 

これのどこがよいのかは後で詳しく紹介します。

まずは、具体的にどうすればこのように複数のデバイスでメモを同期することができるのかを解説します。と言ってもすぐに完了するはずです。

 

メモをMac やiPhoneなどの間で同期させる方法【簡単です】

メモを同期させる方法はとても簡単です。

まずは、手元に同期させるデバイスを用意してください。どちらも同じAppleIDを持っていることが必要なのでそこには注意してください。

 

また、iPhoneとMacで少し方法が異なるのでそれぞれ解説していきます。

 

iPhoneの場合

iPhoneの「設定」アプリを開きます。

iPhoneの設定アプリを開く

一番上にあるappleIDの部分をタップします。

iPhone 設定アプリ

その先で「iCloud」をタップします。

その先の画面で、メモのiCloud共有をOnにすれば完了です。

iCloud メモのiCloud共有をOnにする

Macの場合

まずは、左上のりんごのマークをタップして、その中から「システム環境設定」を開きます。

システム環境設定を開く

その中から「iCloud」を開きます。

iCloud設定を開く

その先の画面でメモのiCloud設定をOnにします。

メモのiCloud設定をオンにする

以上で終わりです。これまでの操作によって、iCloud上に保存されたメモを様々なデバイスから確認したり編集を進めることができるようになりました。

 

メモが役立つ場面は随所にある

さて、メモを様々なデバイスの間で同期させることに成功したと思いますが、実際これをすることでそのようなメリットがあるのでしょうか。

 

私が最近実感している事例をいくつか挙げたいと思います。

 

iPhoneで草案→Macで本書きすることで効率よくレポートが書ける

大学生になると、嫌という程レポート書く機会が訪れます。

特に、自分の専門(または興味がある)授業ではない科目に限って大量のレポートを課してくるように感じます。

 

しかしながら、履修した以上単位を落とすわけにはいきません。どうにか効率よくレポート書きたいものです。

 

そんな中、いきなりパソコンで書き出そうとすると思うように進まず、必要な量に到達できないことが多いです。

また、スマホで3000字を書き上げるのはなかなか骨が折れます。というか見にくくて仕方がないかと思います。

 

しかし、草稿を考え、扱うトピックを決めたり文章の順番を大まかに決めるのは、スマホが手軽で簡単なので良いです。その上で、その草稿をもとにパソコンでのタイピングに移行すれば、スムーズに文章を書き進めていくことができる上に、一覧性が高く文章の整合性正しやすくなるなどのメリットが多いです。

 

パソコンを開けない環境でも手元のスマホで文章を書き進めていける

私としてはこちらの方が恩恵が大きいと感じています。

 

例えば、通学や通勤字のことを考えています。みんな同じような電車に乗って学校や会社に移動するため、言わずもがなですが朝の電車はとても混雑します。

 

そんな状況ではパソコンを開く余裕がありません。立っているのもやっとなくらいですから、パソコンを開いたが最後、パソコンを無事に電車から降ろしてあげられる余裕がありません。

 

しかし、スマホであればどうでしょう。スマホは手のひらがもう一つ増えたくらいのスペースしか撮りません。手に持っていれば顔の前に持ってきてもさして周りの方の迷惑にはならないと思います。その上、頑張れば片手で操作を完結させることができます。

 

もし、朝の電車の中で「今日の1限までに仕上げなくてはならないレポートがある」「ブログのアイデアが思い浮かんだから、忘れないうちに骨子を作っておきたい」と考えるのであれば、スマホは大活躍すること間違いなしでしょう。

 

パソコンで打てない分、文章を打つ速さは遅くなってしまうかもしれませんが、朝の電車を居眠りで潰してしまうよりはずっといいのではないでしょうか?

 

メモは“メモ”にとどまらないパワーを秘めている

私としては、「メモ」というアプリ名は謙虚すぎる気がします。

 

“メモ”は、メモを超えています。レポートやブログを書くこともできれば、複数人で一緒に文章を作ることもできます。しかも無料で使えるというのだからもはや恐ろしいです。

 

今までこのような使い方を知らなかったという人がいましたら、ぜひ今すぐやってみてください。2台以上を並行して操るのは最初は戸惑うかもしれませんが、それぞれのデバイスの特性をうまく生かせば、今よりもずっと高い効率で文章を書くことができるようになるはずです。

 

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

 

終わります。

コメント