【Cubaseの使い方】別のプロジェクトのトラックをそのままコピーする方法

DTM

こんにちは、のくと申します。

今回は、Cubaseで別のプロジェクトに使用しているトラックを別のトラックにコピーする方法についてお話ししていきます。

 

私は今、とある楽曲を製作中です。そしてその楽曲はすでに作ったとある曲のアナザーバージョンとして製作しているものです。

したがって、出来るだけ元のバージョンのコードや音源、メロディーなどを盛り込んでいきたいのですが、それを1からやるのは非常に手間がかかってしまいます

かといってCubaseは二画面同時に立ち上げることができないので、ドラッグ&ドロップでプロジェクトトラックをコピーするわけにもいきません。

 

万事休すかと思いきや、やはりそんなことはなく別プロジェクトで使用したトラックをそのままコピーする方法が存在します

 

ではここから具体的に解説していきたいと思います。

 

肝は“読み込み”にある!

今回使用するコマンドは、ズバリ“読み込み”です。

 

場所は、画面上部のメニューバーのうち「ファイル」の中です。

読み込みの中にも色々な選択肢がありますが、ここでは別プロジェクトのトラックをそのままコピーしたいという目標があるので、選択するのはこの「プロジェクトファイルのトラック」です。

 

これを押すと、自分のPCやデバイスに保存されているプロジェクトを選択できるようになるので、希望のプロジェクトを開いてください。

 

欲しいトラックだけ取り込める

コピー元のプロジェクトファイルが選択できると、次のタブでは「どのトラックをコピーするか」を選択します。

 

方法は簡単です。欲しいトラックはチェックをしたままで、いらないトラックはチェックを外してあげて右下のOKを押すだけです。

こうしてあげると、チェックを入れたトラックは完全に元のままコピーされます。

MIDIノーツの配置だけでなく、トラックカラーやトラックの音源、フェーダーやプラグインまでそのトラックの情報は全てコピーされるので非常に便利です。

 

私も、この方法を活用することで、以前作った楽曲を同じテーマを持ちながら別方向に展開させるといういつかやってみたかったことが実現できるようになりました。

 

「以前作ったフレーズがとても気に入っている」

「このプラグインの設定をそのまま別のプロジェクトのトラックにも使いたい」

そういった課題に貢献できるのが今回のTipsです。

ぜひ活用してみてください。

 

では今回はこの辺りで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント