【あなたはどっちか】グラノーラとミューズリーを食べ比べました

のくの日記

こんにちは、のくと申します。

 

あなたは“ミューズリー”というものをご存知でしょうか。NEXTグラノーラとも呼ばれているこのミューズリーを一袋間食したので、今一度自分なりの評価をしていきたいと思います。

 

ちなみにそれぞれ、

グラノーラ:カルビー フルグラ
ミューズリー:カントリーファーム フルーツナッツミューズリー

です。

 

結論から先に言うと、それまでフルグラ派だった私にとっては、ミューズリーよりフルグラの方が好みでした。

そして、そんなミューズリーをお勧めしたい人は

  • グラノーラに多く含まれる砂糖が気になる方
  • グラノーラのザクザクした食感があまり好きでない方
  • 色々な味を加えて楽しみたい方

です。

 

では1つずつ詳しく話していきます。

 

グラノーラとミューズリーの違い①:内容物

どちらも同じシリアル系の食品ではありますが、内容物は少し異なります。

 

主原料は両方ともオーツ麦や小麦などの穀物です。

ほかに含まれているものが商品によって異なる部分です。

 

フルグラには、パパイヤやレーズンなどの乾燥果実が原材料上位に来るくらい多めに含まれています。

引用元:https://www.calbee.co.jp/frugra/product/fg.html

対してミューズリーにはレーズンやひまわりの種、ナッツ類が多く表示されています。こちらは別々に表記しているため原材料表示では下位に回ってしまっていますが、体感ではシリアル3に対してその他1くらいの割合だったと思います。

また、もう1つ大きな違いは、砂糖の立ち位置です。

フルグラには、砂糖は原材料表示の3番目に出てくるのに対し、ミューズリーにはコーンフレークの材料として小さく出てきているだけでした。

 

砂糖の使用量が大きく異なると言うのは両者を大きく分けるポイントだと思います。

 

しかし、ここで栄養成分表示を確認してみたいと思います。

特に注目したいのは糖質です。多少なりとも健康のことを考えたことがある人は木になる項目なのではないでしょうか。

 

これを比較してみると、

  • フルグラが31.6(g/50g)
  • ミューズリーは67.5(g/100g)

ということで、意外とミューズリーの方が糖質の量が多いことが読み取れます。

 

これは、糖質を構成する要素が砂糖だけに限らず、主原材料である穀物にも豊富に含まれるからだと考えられます。

 

ここから言えることは、確かに砂糖の量に大きな違いがあるかもしれないが、全体的に見ればその影響は大きくないということです。

少なくとも私は原材料や栄養面においてどちらかに優劣をつけることはできませんでした。

 

グラノーラとミューズリーの違い②:食感

2つ目の違いは、食感です。

 

簡単にいえば、グラノーラはザクザクしていて、ミューズリーはペキペキとかもしゃもしゃいう感じ(?)です。

 

これは、シリアルの粒の大きさによるものが大きいと思います。

 

フルグラは、比較的粒が大きいのが特徴です。直径は1.5cmくらいあるものもあります。

対してミューズリーは割と扁平なものが多く、小粒です。

 

それぞれの違いは、スプーンで救える量や一口に入れられる量に関係してきます。

フルグラは粒数はそんなに多く入れられません。ポロポロと溢れる感じです。

逆にミューズリーは同じスプーンでも結構積むことができ、一口を大きく撮ることができます。その結果非常に積層した噛み心地が得られるのですが、これが意外に楽しかったです。

 

食感は完全に好みが分かれるところだと思いますが、個人的にはザクザクしたフルグラの方が好きでした。

 

グラノーラとミューズリーの違い③:味付け

最後に解説したいのは味付けです。

 

フルグラは、砂糖や乾燥果実のおかげかデフォルトで結構甘めに作られています。その分カロリーも高くなっていることからも、ちゃんと味付けまでされていることがわかります。

ヨーグルトと混ぜるだけで主食が完成すると言っても過言ではなさそうです。

 

対してミューズリーの方は、良くも悪くも素材そのものの味を直に感じます。特別な味付けはされていない印象です。

しかし、その分味付けはいろいろ作っていくことができる可能性があります。

私は、よくこのミューズリーとヨーグルトを混ぜる際、同時に蜂蜜をよく加えていました。これでフルグラとは別ベクトルですがスプーンの進む甘さまで持っていくことができます。

他にも、私は細かく切ったキウイなどと合わせてもさっぱりとして美味しく食べられると思います。

Web上で調べてみるとバナナや牛乳などと合わせても美味しいという意見も見られました。

 

つまり、味付けが薄い分様々な楽しみ方ができるという面白さをミューズリーは持っているということができると思います。

 

朝食をちゃんと食べるきっかけになるシリアル製品を活用しよう

シリアル製品は総じて簡単に食べられます。

なにせ、食べる分を皿に出せばそれだけで良いのです。お好みでヨーグルトやフルーツを乗せるのもそれまで手間ではないと思います。

 

これは、特に朝に生きてきます。朝ごはんをちゃんと食べられれば、その日のスタートをよりよく切ることができると思います。

 

グラノーラもミューズリーも、特徴はそれぞれ異なりますが、どちらも世界で様々な種類が販売されています。ぜひ、世界を旅する気分で様々な味をめぐり自分にぴったりのものを見つけてみてください。

 

では今回はこのあたりで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント