【Kindle使い方】Kindle書籍を購入する方法【買えない問題を解決】

自己啓発

こんにちは、のくと申します。

 

Kindleで本を買いたいのに、amazonのアプリからでは買えない…。

Kindle Paperwhite のような端末がないといけないのか?

先日まで私はそんな疑問が頭を漂っていましたが、この度解決したので忘れないようにこの記事でまとめさせていただきます。

 

結論を言うと、確かにamazonのアプリからは購入できないが、ブラウザから入ればスマホ1つで購入を完結させることができます

 

では早速本題に入ります。

 

Amazonアプリでは電子書籍を買えない理由

確かに、amazonアプリから電子書籍を買うことができません。

 

これはiOSに限った話のようです。

なぜならappleのアプリの規約が“app内コンテンツに対して、app内課金以外の方法でユーザーに何らかの購入を誘導するボタンを設置してはいけない”という旨の文章を明記しているからです。

参照:https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/

これによってデジタルコンテンツである電子書籍はamazonというapp内で購入することができなくなっています

 

これはandroidにはない規約なのでandroidを持つ方はamazonのアプリから問題なく購入できると思います。

 

Kindle端末では問題なく買える

一応ここでKindle端末について確認しておきます。

 

Kindle端末を使えば問題なく購入することができます。

 

ただし、kindle本の購入には現金は使えません。クレジットカードや各種amazonギフト券などに限られているので注意が必要です。

 

Kindleの電子書籍をスマホ一台で購入する方法

前置きが長くなりましたが、Kindleで読む本をスマホ一台で購入する方法をお話しします。

 

結論は冒頭に野畑通りですが、ブラウザ内からamazonに入って購入すれば大丈夫です。

 

iOSを使っている方はsafariでamazonの欲しい本のページまで移動すると、下のように1-clickで購入が表示されると思います。

これはamazonのアプリにはなかったボタンであり、これを押すことで書籍の購入が完了し、即時にダウンロードが開始されます。

 

これでKindle端末がなくてもスマホのKindleアプリだけで電子書籍を買って読めるようになりました

 

電子書籍のススメ

最後に電子書籍で本を買うようになって3ヶ月ほど経ちましたので、電子書籍にまだ抵抗ある人へ向けて電子書籍を勧めてみたいと思います。

 

私が感じる電子書籍のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 薄く軽くたくさん持ち歩ける
  • 物理的に買うより安い
  • スマホで読むこともできる

 

デメリット

  • 物理的な本ではない
  • ハイライトやメモが少し面倒

 

こうしてあげてみると、メリットに限らずデメリットも少なからずあって電子書籍も一長一短であることは否めません

 

しかし最近は、本当に電子書籍のコンパクトさに多大なメリットを感じています。

 

容量的にはほぼ無限と言っていいほどに本をダウンロードできます。

その結果、大量の本を1つの端末を通してアクセスできるので、電車の移動やちょっとした時間にスマートに開くことができるのはとても便利だと感じます。

何より、書店に出向かずとも本を購入することができ、またより手軽に本を購入できるようになったので、本を読むという姿勢が以前よりも増したことは確実です。

 

私は以前Kindle Paperwhiteを購入しましたが、今となってはもはやスマホだけで良いかもしれないと思うほどです。

 

Kindleで買えない本以外はKindleで買おうと思います。リーダー端末はまだ定まっていませんが電子書籍から物理的な書籍に戻ることはなさそうです。

 

最後に再びまとめますが、Kindleで電子書籍を買うときは、amazonのアプリからではなくブラウザから入って購入しましょう。

 

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント