【DTMやるなら必須】オーディオインターフェースのStudio Mをレビュー!

DTM

こんにちは、のくと申します。

私は先日、DTMを始めようとしてCubaseを購入しました。

しかし、なぜかCubaseを立ち上げても音が出てこない…

みなさんにもこんな経験はありますか?

それを解決するのは「オーディオインターフェース」というものです。

今回は、オーディオインターフェースとしてMiDiPLUS社のStudio Mを購入したので、買った理由やレビューをしたいと思います。

私のように、DAWはもう買ったしオーディオインターフェースだけを用意したいという人には是非オススメしたいです。

なぜオーディオインターフェースが必要なのか?

そもそも、なぜオーディオインターフェースを買う必要があるのでしょう?

それはCubaseだけではイヤホンやヘッドホンから音が聞こえないからです。

オーディオインターフェースがない状態でもCubaseの音を鳴らすことはできますが、しかしそれはパソコンの内臓オーディオからであり、つまりパソコンのスピーカーから音が出てしまうのです。

そのため、イヤホンやヘッドホンから音を聞くためには、オーディオインターフェースを用意する必要があるのです

また、将来的にはレイテンシーや細かなマスタリングなどでより正確に録音したり音を鳴らす必要があるため、パソコン内臓のスピーカーだと音質がそこまで高められていないため、結局オーディオインターフェースを手に入れるべきなのです。

【買った理由】MiDi PLUS “Studio M”は最低限の機能がコンパクトに収まっている

それでは、私が購入したMiDiPLUS社のStudio Mを見ていきたいと思います。

私がこれを購入した理由は二つあります。

それは、

  • DAWが付属しない(Cubaseをすでに持っているから)
  • 入出力端子が多すぎない

それぞれもう少し具体的に話します。

DAWが付属しない

このMiDiPLUSのStudio Mには、ほかの多くのオーディオインターフェースと違い、DAWソフトが付属していません

それはつまり、パソコンとこのオーディオインターフェースだけでは作曲が始められないということです。

ただし、パソコンに初期から入っているGaragebandなどを使う場合を除きます。

私はすでに Cubase Artist 10を購入していたので、さらに追加でDAWソフトを購入する必要がありませんでした

ゆえにMiDiPLUSのstudio Mが候補に入りました。

加えて、DAWソフトが付属するほかのオーディオインターフェースに比べ、Studio Mの値段のうちオーディオインターフェース本体にかかっているお金の割合が高くなっている(はず)ということが言えます。

それはつまり、それだけそれだけオーディオインターフェース本体の質が磨かれているのだろうと判断できます。

入出力端子が多すぎない

DAWソフトが付属しないオーディオインターフェースというだけでかなり製品は絞られたのですが、最終的にStudio Mを選んだのは、そのコンパクトさにあります。

 

その大きさは、だいたい厚い文庫本くらいの大きさで、かなり小さいです。

それもそのはず、Studio Mには入力端子と出力端子がそれぞれ一つずつしかついていません

私は特に弾ける楽器がない上に、自分でボーカルを録音しようとはめっきり考えていません。

いずれはだれか複数人で録音などをする機会がないこともありませんが、その時にはまた別に購入すれば良いのです。

 

今重要なのは、一つの机の上でDTMをする際に必要最低限の機能をぐっと凝縮したようなオーディオインターフェースを見つけることだったので、それに敵うのはMiDiPLUSのStudio Mだったということです。

MiDiPLUS Studio Mの基本情報

最後に、MiDiPLUS社のStudio Mの基本情報をまとめていきます。

と言っても、詳しいことを言い出すとキリがないようなので、私が理解できる範囲で書いていきますのでご理解ください。

外観はシンプルでボックス型

まずは外観についてです。

先ほども書きましたが、体感的な大きさは厚い文庫本のような感じです。

しかし、天板から前面にかけてはアルミ製で、他の面は黒のサラサラした感触である部分が文庫本とは異なります。

Studio Mの外観

そして、このオーディオインターフェースの最大の特徴は、機能を絞っていることです。

前面に入力用の端子の穴がひとつ、背面に出力用の端子の穴がひとつ付いています。

Studio Mの前面 Studio Mの背面

小さなプラグのイヤホンが刺さるようなアダプタが付属しています。

イヤホンアダプタ

また、パソコンと繋ぐためUSBケーブルが付属しています。

USBケーブル

DAWが付属せず約10000円

次に、値段の話をします。

これは、取り扱い店によって少しずつ異なりますが、Amazonで購入すると(私はそうしました)、税込11479円です。

決して安い買い物ではありませんが、コスパの良いものだと思います。

音質は音楽初心者の私にはよくわからない

最後に、音質についてです。

正直なところ、細かな音質の良し悪しについて私にはよくわかりません

音質がいいだろうというのは間違いないのですが、パソコンから聞く音とどれくらい違うのかと訊ねられても答えられません。

しかし、将来的にはレイテンシー(パソコン内のCubaseの音と生録音の音ズレ)や各トラックの音の再現性などにおいて、オーディオインターフェースをしっかり用意することが大事だと気づくことでしょう。

少し背伸びするくらいがちょうどいいのかもしれない

今回はDTMに必須な機材のオーディオインターフェースから、MiDiPLUS社のStudio Mを紹介しました。

ちょっとだけ高かったと思っているのですが、しかしこれから永く使っていくことを考えれば、むしろ少し背伸びした機能性を持っている機材を購入できたのでよかったと考えています。

 

これからも一層、DTMに精進していきたいと思います。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

終わります。

コメント