【アプリ内完結】amazonのお問い合わせ番号の調べ方【メールがなくても大丈夫】

のくの日記

こんにちは、のくと申します。

 

今回は、amazonのお問い合わせ番号をamazonアプリ内やブラウザでみる方法について解説したいと思います。

Amazonのお問い合わせ番号を使えば、ファミリーマートなどの自宅ではないところでも受け取れるようになりますが、逆にその番号がわからないと自宅以外で受け取ることができません。

 

突然メールアプリが動かなくなって危うく受け取れないところでした。

なぜ今回このような話をすることになったかというと、実際にamazonアプリ内でお問い合わせ番号をみざるを得なかったからです。

 

というのも、先日から私が使っているiPhone8のメールアプリが不具合なのか動かなくなってしまいました。

Appleのサポートセンターに問い合わせてみても、あまりみない例だったのかappleのエンジニアに報告していただく状態まで発展してしまいました。

 

そんなわけで、今までメールアプリでしかamazonのお問い合わせ番号を確認したことがなかった私にとって、メールが動かなくなってしまうというのは死活問題だと思っていました。

 

しかし実際はamazonアプリでもブラウザからでもその番号は確認することができ、無事に受け取ることができました。

 

Amazonのお問い合わせ番号をみる方法

今までメールでしかみる方法がないと思っていましたが、いくつかのステップを踏むことでお問い合わせ番号にたどり着くことができます。

 

ちょっと初見では難しい(少なくとも私は難しかったです)ので、丁寧に進んでいきたいと思います。

 

お問い合わせ番号を調べる流れは、アプリでもブラウザでも同じです。

  1. メニューから「アカウントサービス」に入る
  2. メッセージセンターを開く
  3. 「…が受け取り可能です」というタイトルのメールにその番号の記載がある

では写真をつけながら進めていきます。

 

どちらもやることは同じですので、写真は全てアプリ版のものを使っていきます。

 

1.     メニューから「アカウントサービス」を開く

まずは、左上のハンバーガーメニューを押します。

そして開いたメニューの中からアカウントサービスとある部分をタップします。

2.     メッセージセンターからメール一覧を表示させる

次に、アカウントサービスの中から少し降りたところにあるメッセージセンターの欄から、メッセージを開きます。

メッセージの次は、すべてのメッセージを押します。

3.     「ご注文商品が…。」というタイトルのメールの本文に番号の記載がある

メール一覧の中から、「ご注文商品が…。」というタイトルのメールを探します。

そのメールに当該の番号が記載されているので、それを確認したらファミリーマートへ受け取りに行きましょう。

 

ちなみに、そのメールにはレジで読み取るタイプのバーコードを表示させるリンクも添付しているので、そちらを使うのもありです。

 

一人暮らしの味方amazonとうまく付き合おう

自宅でも、コンビニでも、PUDOなどでも受け取れるamazonのサービスはとても便利です。

特に、学校や会社で家を開けることが多いにも関わらず置き配ボックスを置くことができないような余裕のないアパートなどに住む一人暮らしには、そういったよそに置いておけるのはとても有能なサービスです。

 

それに甘えてたくさん買い物ができてしまいそうですが、しかしそれはなかなか危険なことです。

 

お金を使いすぎてしまうのは、恐ろしいことです。

Amazonは確かに便利ですが、対等にうまくやりあっていく自己抑制の心を忘れたくないものです。(戒め)

 

では今回はこの辺りで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント