【ネタバレ注意】Mili”鯵ハ良イ味トゥア”東京公演レポ①【最高です】

ライブ

こんにちは、のくと申します。

 

昨日は、とても素晴らしい日でした。

というのも、昨日は東京は赤坂でMiliのライブがあったからです。

 

今回から3本立て続けにMiliライブ関連の記事を投稿します。

まず第一にまとめるのはライブ大本命のセトリ&MCです。

 

私がその時感じたことは、ライブアレンジの効いた曲をこんなに聴けるなんて嬉しさ極まりないということでした。

 

私自身、興奮冷めやらぬうちにセトリとMCを振り返りたいと思います。

 

今回は神曲尽くしのセトリ!【新旧合わせて22曲】

今回は、miliも私たちも息つく間もなくなだれ込むように、たくさんの曲を聴くことができました。

 

以下の画像に今回のセトリ(セットリスト)をまとめました。

やはりライブは既存の音源とは異なる良さがある

ライブの良いところは、CDやストリーミングで発表された曲に+αのライブアレンジが加わるところにあると思います。

 

例えば、victimといえば、弦楽器とピアノが綺麗な曲(と私は感じています)ですが、ライブではベースとギターがそれをかっこよく飾り付け、ライブを盛り上げ私たちも自然と腕をあげたくなるアレンジで演奏していました。

 

また、最新の蜜蜂やBirthday Kidだけでなく、miliど定番とも言える傑作Nine Point EightやUtopiosphereを目の前で観れたのはとても嬉しかったです。

 

特に、Nine Point Eight は前回のMothership Gi6ponではあえなくセトリから外れてしまっていたので、今回再びライブで聴けてやはりmiliの(締めの)ラーメンはこれしかないと再確認したところです。

 

私的ベスト演奏は2つ

今回のライブを通して、私が最も聴けてよかったと感じた曲は2曲あります。

それは、Nine Point EightYUBIKIRI-GENMANです。

 

やはりDeemoからMiliに入ってきた私にとってNine Point EightとYUBIKIRI-GENMANは外せません。

 

Nine Point Eight については今回、ライブの始めの方に来たので、そこでテンションぶち上がりました。イントロが鳴った瞬間に会場が沸き立ったのを鮮明に覚えています。

 

そして、YUBIKIRI-GENMANは、momocashewに合わせて会場が小指を立て左右に揺らしていたので、会場とステージが全体として1つになり、とても心地よい感覚になりました。

 

ライブのアンコールには未発表曲の“アレ”が披露されました

今回、ライブのトリは、確か前回のgi6ponライブでもトリだったspace colonyでした。

 

この曲は本当にトリにふさわしい気がします。ゆっくりそして力強く拳を触れるBPMや盛り上がり方が良いのだと思います。

 

そしてmiliが一度さった瞬間始まるアンコールのコール。

今までに比べ比較的早くステージに戻ってきたmiliは、なんとこのライブでそれまで未発表だった新曲を披露してくれました。

 

曲のタイトルは”Flower Works”。これは、miliがオープニングとエンディングの楽曲制作を担当している「魔法使いの約束」というスマホで遊べる育成ゲームのうち、エンディングになる曲とのことでした。

 

WithinやPast the Stargazing Seasonのような曲調で、伸びやかなmomocashewのボーカルとピアノなどの楽器が綺麗な曲でした。

 

私の前にいた観客は皆息を呑むようにその曲に聞き入っているように見えました。それくらい、不思議な魅力がいっぱいの曲だったと思います。

 

Miliは今年で結成7周年!MCまとめ

ここからは、MCについてまとめます。

 

MCは合計3回ありました。

MC1. 今日はやる曲が多い!(大歓喜)

最初のMCはNine Point Eightを演奏した後に入りました。

 

早くにテンション上がる曲を演奏したので、挨拶や世間話的なことをすると思いきや、「今日は曲が多いから次行くね!」(言葉遣い順番は違ったかもしれません)と言ってすぐに暗転しました。

 

無論、私は今日たくさんの演奏が観れることに大歓喜しました。それと同時に、「今日はどれだけこの幸せな時間が続くのだろう、そんなに急がなくても良いよ」と内心思っている自分もいました。

 

MC2. Miliメンバーの成長したところ?

2回目のMCは怒涛の7曲連続演奏の後に入りました。

 

MCの初めに、Miliが結成7周年を迎えたこと、momocashewが結成当時の男性メンバーの年齢帯まで年齢を重ねたことに触れました。

 

私がmiliを知ったのはDeemoでNine Point Eightが追加された6年前であったことも考えると、時が経つのは本当に早いものだと実感します。

 

そんなMiliが結成から7年たって感じる成長したところについての議論がメンバーとなされました。

 

先陣切ってmomocashewが「わがままが減った」ことをあげました。

それを受けてyamato kasaiにマイクが振られると、いろいろ逡巡した様子で、「いい意味でわがままになった、自分の意思を信じるようになった」という旨の話をされました。

 

Momcashewが「私のわがままがHAMOさんに吸収されたあああ」とまとめると会場がドッと笑いに包まれました。

 

続くメガネ(行人)は、「こんなに大きな会場おでライブができるようになった」ことをあげました。皆とくに突っ込むことなく満場一致の模範解答だと頷いていました。

 

そして最後に翔人が「模範解答言われたあ」と嘆きつつ、「今年二児のパパになった」ことを報告し、会場が祝福ムードに包まれました。バンドも育児もこなす翔人かっこ良き。

 

そして、再びマイクがmomocashewに戻り、

「時が経てば、成長するところも、反対にあまり変わらないこともあると思う。でも、そんな自分全てを受け入れて前に進んでいきたいし、進んでほしい。

みんな、約束だよ。小指をあげて、ゆびきりしよ!」

 

と、ものすごく綺麗な前振りを決めて、YUBIKIRI-GENMANから再び演奏が始まりました。

 

MC3. メンバーの衣装にはそれぞれテーマがあって?

そして、3回目のMCは不死鳥や蜜蜂といった新曲と含む4曲を演奏した後にやってきました。

 

テーマは、メンバーの衣装です。

開幕からメンバーそれぞれがそれぞれの衣装を纏っていました。それらには全く共通点が無さそうでしたし、特にライブTシャツを意識したものでもありませんでした。

 

しかし実際には、各々が海という大きなテーマのもとに服装を決めていたのでした。

(ありがとう……さんのツイートを引用させていただきました。)

最初はmomocashewです。Momocashewの衣装は、真っ黒の下地に、オレンジの線でくり抜かれたようなカットソーを着ていました。

さて、このテーマについてmomocashewがくれたヒントは、

「◯◯◯◯軍艦」の〇〇〇〇だよ、と言うことでした。実際には〇〇ではなくバフンバフンといっていたので余計に面白かったのですが、果たしてその答えは、“うに”でした。

 

続くyamato kasaiの衣装は、全体的に灰色の衣装に身を包み、またその灰色もメランジのように色が重なっているようでした。

これもすぐには答えが出なかったので、momocashewがヒントをくれました。

曰く、「〇〇〇〇・スピルバーグ監督の映画でテーマにされたことがある」とのこと。

するとすぐに会場から声が上がり、答えも出ました。

正解は“サメ”でした。

首元の灰色の襟がサメの口のようで私には妙に印象強く残っています。

 

3人目は行人の服装です。上半身は白いシャツに何やらサーモグラフィーのようなプリントがされています。

Momocashewがくれたヒントは、「海の生物の敵」でした。どれでもなかなかすぐには答えが出なかったのですが、ここでyamato kasaiがポツリ。

「靴、それ長靴だよね?」と。それを聞いて私もピンと来ましたが、それよりも早く会場から声が上がりました。

正解は”漁師”でした。メモするのを忘れてしまったのですが、そのシャツのプリントも何かモチーフがあり、かなり正確に再現されているとのことでした。

 

最後に翔人の衣装です。これが一番難しかったです。

上半身は、薄い青をレイヤードした濃い青、そして下半身は赤と金が斜めに走るように大胆にデザインされたパンツでした。

ヒントは、「海の周りにあるもの」だということですが、なかなか会場からは声が上がらず。

それもそのはずです。

答えは“工場排水”だったのですから。しかしそう言われて改めて見ると、下から上へ、汚水が海に溢れ出しその境目から綺麗な海を侵食しているように見えたので、なんとも的確なデザインだと思いました。

 

統一感のないように感じたメンバーの衣装は、今回の”鯵ハ良イ味トゥア”にちなんで海をテーマにした衣装だったと知り、改めてMiliの世界観の作り方に感嘆しました。

 

MC3’. Where are you from?

割と知られていることではありますが、momocashewは英語、日本語、中国語(他にも喋れそうですが)のマルチリンガルです。

そんなmomocashewが日本でのワンマンでは初の、英語MCと中国語MCをしました。

 

私の拙い英語脳で聞き取れた範囲では、英語圏の観客に向かって、”Where are you from?”と聞いていました。

すると、びっくりしたことが起きました。

なんと、

  • 韓国
  • 中国
  • イタリア
  • ノルウェー
  • カナダ

など、実に多様な地域からこの赤坂の会場まで駆けつけた方がいたようです。

また、momocashewは言語を切り替えて、中国語で中国後圏の人に向かって話しかけていました。

中国語はさっぱり聞き取れなかったのですが、つまりは中国のどこから来ていたかを尋ねていたようです。

 

マルチリンガルの強さをひしひしと感じました。

 

このMCの最後では、momocashewが「言語って難しい。喋れるようになると今度は伝え方も増えるからつい遠回りして話してしまう。」となんとも深い言葉を残しました。

 

そして、ライブもラストスパートに突入したのでした。

 

Miliは進化し続ける。応援します

Miliは現在進行形で進化し続けています。ライブを行う箱もどんどんその規模を増しています。

関わるプロジェクトもmili単体でないことが多くなってきました。

 

しかし、進化することと変化することはイコールではありません。

変化する部分もありますが、変化しない部分もあります。

 

Yamato kasaiのtwitterを除くと、今のmiliのあり方に疑問が拭えない様子を見受けられますが、どんな結論を出したとしてもそれが間違いだったとか正解だったとかはおそらく断定できるものではないと思います。

 

どんなMiliであれ、私はMiliやそのメンバーをこれからも応援したいと思いました。

今回のライブは、改めてMiliのかっこよさや世界観の良さに感動できたのでとても良い体験でした。本当にありがとうございました。

 

Mili live2019のレポオートは他にもおトピックがあるので続きの投稿もぜひご覧ください。

では今日はこのおあたりで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント