私の奨学金400万円のもらい方、内訳を公開します。

こんにちは、のくと申します。

今回は自分のTwitter名「のく@奨学金400万円で建築学生」の理由を説明したいと思います。

その中で、奨学金はどのようにもらえばよいのか、どのように使うと良いのかと自分の経験をもとに花入ていきます。

※内容的にこれから奨学金をとろうとしている受験生や大学生に向けたものとなっています。

そもそも奨学金とは何か

奨学金制度とは、経済的な理由などから進学や学校に通うことが困難とされる人たちにも学びの場を用意するために学費の支援を行うというものです。

大学によって学費は異なりますが、4年間で200万~5000万程度かかります。ふつう国立大学は私立大学に比べて学費が安い傾向にあり、理系よりも文系のほうが学費が安い傾向にあります。(例外はあります。)

せっかく行きたい学部・学科があっても学費がないから進学をあきらめざるを得ないという人たちに向けて奨学金制度は用意されています。

 

奨学金には大きく分けて二つの種類があります。

  • 「給付」型奨学金
  • 「貸与」型奨学金

どちらも文字通りで給付型は返還しなくてもよく、貸与型はあとで変換する必要があります。

 

私の奨学金の中身を紹介します。

私は上述の通り400万円の奨学金を4年間でもらう予定です。国立理系なので、これでしっかりと学費を払うことができています。

私が受けているのは「学生支援機構」と、「学内で行われている奨学金(名称は個人情報に当たると思い自粛)」の2つとなっています。

学生支援機構の奨学金は「第2種」と呼ばれるもので、貸与型の奨学金です。また、学内奨学金は一部給付で一部貸与となっている奨学金です。

 

学生支援機構について

学生支援機構は国が行う奨学金です。第2種があるので第1種がもちろんあるわけですが、これらの違いは給付か貸与かの違いで、第1種は完全に給付型の奨学金です。

この学生支援機構は、予約することができます。

どういうことかというと、まだ進学先が決まっていない受験生の皆さんを対象に高校在学中に奨学金をもらうことを確定させられる制度です。第1種はとくに予約型で申し込むのが良いでしょう。

また、私も利用している第2種のほうは貸与型ですが、これにさらに「利息」をつけての返還となっています。具体的に言うと、私は累計で250万円ほどの奨学金を学生支援機構からもらいますが、これにおよそ0.2%程度の利息をつけて返還するので、最終的に250万円と5000円が必要になると計算できます。

 

奨学金は借金だ!

これは肝に銘じておいてほしいものです。私もそうですが、貸与型の奨学金はいずれ返還しなければなりません。それはつまり借金していることと同義です。毎月少しずつ振り込まれるのでついつい私的に使ってしまいがちですが、将来のことも考えて返還できるようにしておきましょう。

私の場合は、奨学金が振り込まれ学費を払うためだけの口座を作り、その口座には手を出さないと決めています。

 

まとめ

奨学金をもらい、大学を安心して通えるようになれば、自分のスキルアップや交友関係の拡張など将来に生きてきそうな経験を多く詰めることと思います。受験生の皆さんは特に、受験勉強で忙しいかもしれませんが、ガキ日のことは家族や学校の先生らとしっかり話し合っておくことを勧めます。

コメント